2014年総括

 1年の総括。今年のカメの産卵・繁殖は今までにない盛り上がりでした。総産卵数約160個、その43%がニホンイシガメでした。


【ニシキハコガメ】
 そして14%がニシキハコガメ。ニシキハコガメは最高数孵化しました。22産卵-13孵化-12生存。産卵数に比した孵化数から分かるように、この種は有精卵が取れたと思っても、次のクラッチで無精卵だったり、今年も相変わらず振り回されました。
P1010005.jpg
《この冬、加温管理している2014、13CB ↑↓》
P1010004.jpg
 いつものごとく、今年の仔のうちイベントで行き先が決まったのは一部でした。ですので、たくさん孵化した分、管理中の個体もいつもより多くいます。来年は模様のきれいなより大きい個体を、望まれる方にはお譲りできるかと思います。2009年から続いている繁殖が、7年目の来年も続きますように。


【オーストラリアナガクビガメ】
 今年自分として特にうれしかったのは、昔カメ本で初めて見たときから憧れていたオーストラリアナガクビガが初繁殖したこと。まだうちの♂では掛からないだろうと思っていましたが、すべて受精卵だったことから、その♂が掛かっているのは間違いないとのお墨付きをいただきました。
 特に飼育で注意していることはありませんが、室内水槽やベランダで飼育しても繁殖しなかったものが、決して広くはない池で飼い始めた途端に繁殖し始める・・・これで何度目でしょう。個体が環境に慣れ、ちょうどその繁殖する時期に当たったという理由だけではなさそうです。今年限りの出来事にしたくありません。来年も繁殖させられたらホンモノか。


【ギリシャリクガメ】
 運よくペアが販売されており、これは今年産むかもとの予想のもと導入したら見事に的中。残念ながらすべて無精卵でしたが、リクガメの産卵に初めて立ち会えたのは喜びでした。来年・・・・どうかな?自信がない。


【アッサムセタカガメ】
 産みません。越年です。すこぶる元気なのですが、もしかしたら詰まってるかも・・・。この種は、自分にとって初めての産卵なので不安がいっぱいです。
PC310004.jpg




【カメ以外の番外編】
 今や私の生活の一部になっているランニング。これほどはまるとは思っていませんでした。今年は熊本城マラソンが人生初マラソンとなりましたが、無事に完走。30キロ過ぎから非常に苦しかったのですが、フィニッシュした時にこみあげてくる達成感が、今までに経験したことがないものでした。いろいろなマラソン大会に出る気はさらさらなく、今後とも熊本城マラソン一本に絞るつもりです。

PC310003.jpg

 本日走り納めとなりました。今日は自分にとっての完全オフの時間。お城を含むコース31キロのLSDを敢行しました。↑上の画像は、フィニッシュ地点予定地。ここに駆け込んでくる自分をイメージしました。
 最初は穏やかに晴れていた空も、だんだん雲が多くなってきました。自宅まで1キロという地点で、竜巻かと思うような突風と雷雨に見舞われました。雨の中のランとはどういうものか初めて経験することになりました。
 忙しい中なんとか月間100キロを達成。そして年間1000キロも達成。


コメント

非公開コメント

Re: はじめまして。いつも参考にさせて頂いてます。

非公開コメント主さま、


初コメントありがとうございます。
ニシキハコの飼育面白いでしょ、ぜひ楽しんでください。

床材にダニがわくのは仕方がありません。まあ土ですから当たり前ですね。根絶は無理です。しかも湿気が多すぎると爆発的に増えます。もともと糞や食べかすなどを分解する働きがあるようなので、ある程度は仕方ありません。それでも増え過ぎないよう、経験と勘で土の湿度管理してます。

我が家の場合、ニシキの飼育ケースは温室内に入れているため、乾燥しますので、定期的にパーム土に水を足しています。全体的に足すのではなく、飼育ケースの半分に足し、もう半分を乾燥気味にする、乾いてきたら次はその逆・・・という具合に。これである程度抑えられます。そしてある程度土中に湿度があった方が、甲羅もきれいに育つように思います。

ニシキハコの総排泄孔にダニが付いていたという記事を私は書いていないと思います。ダニが付くという時はよほど個体の調子が悪い時ではないかと思われます。