鮮やかな腹甲

 オーストラリアナガクビガメ幼体10頭健在です。卵の中にいた時、どこで“前屈”していたか、腹甲の前葉と後葉の間で曲がっていたのかと改めて気づきました。
P8300497.jpg

 今の専らの関心は、餌付くかどうかです。水深も徐々に深くしています。というか浅いと食いが悪いように感じます。下の画像のように、今のところ全長より少し深め。
※初期のこの深めの飼育は良くないと先輩ブリーダーさんからご指摘を受けました。(2014/11/8)

 この姿、癒されます。
P8310520.jpg





Chelodina longicollis

コメント

非公開コメント

おめでとうございます。

お久しぶりです。
次々と夢が現実になって良いですね~!

ロンギ私も好きなんですが、場所が…
飼育スペースが確保出来たらまた飼育チャレンジしたいけど、今はヨツメとヒメハコの繁殖をっと!

あっ!ヒメハコ繁殖したらお約束果たしますよ!

Re: おめでとうございます。

Noriyukiさん、

こちらこそ>お久しぶりです。

ロンギ、今年は孵りましたけど、来年も繁殖するなら本物かも。
うちのヒメハコは、図体のいいのがいるんですが、殖える感じがしません。
この手のはなかなか難しいみたいですね。

> あっ!ヒメハコ繁殖したらお約束果たしますよ!
期待してます。ガンバレガンバレ!