ようこそ我が家へ!

 6/4までに産んだニシキハコガメ3親の卵が孵化しましたので、忘れないうちに結果をまとめてみます。

P7270166.jpg

 スジコFの仔が3頭、スジコBの仔が2頭(模様が細かく白っぽいほう)。

 6/4までに産んだ1クラッチ目11卵のうち、無事に孵ったのが5卵でした。孵化率は、スジコFは75%(4卵中3卵)、スジコBは50%(4卵中2卵)でした。スジコEに至っては0%(3卵すべて×、発生停止が2卵あり)。クールインキュベーターを使用し、一定温度で孵卵しているにもかかわらず、発生停止がけっこう起きるのは、もともとの卵の質なんでしょうね。


 今回もそうですが、特にスジコBの仔は、模様が細かいです。かつて同じような模様の幼体を“ミナミ”と言われたこともあります。しかし、両親ともいわゆる“キタニシキハコガメ”です。これは放射模様のきれいな個体同士を掛けあわせて出てきた結果であり、こういうのを見てきているので、幼体のうちにその模様の出方で“キタ”だの“ミナミ”だの言うのは、私は意味がないと思うのです。だからこのブログでは単にニシキハコガメとしか表記してません。
 もちろんこの趣味の世界では“キタ”、“ミナミ”こだわってブリードされている方もいらっしゃいますので、それを否定するつもりはありません。個人の自由ですから好きなようにされたらよろし。でも、面白いけど疲れかねない不毛な真贋論争に発展しかねない話題、私は正直めんどくさい。きれいなニシキハコガメが出てきたら私はそれでよろし。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは!こだわりの垣間見える素晴らしい子たちですね!!成長が楽しみです!

ありんこくらぶさん、

こんにちは。生まれたてで今は色が薄いですが、これからどう変化していくのか楽しみです。