ハコガメのご馳走

 週1、2回、今もランニングを続けています。今年も熊本城マラソン、当選すれば出る気満々。以前は気温が高い時期は、10キロでさえずっと走り続けることはできませんでしたが、今は気温が高くても連続して走れるようになりました。

 さて、よく走る河川敷のコースでは、赤トンボが群れて飛んでいました。数日前に我が家の庭にたくさんいたのも赤トンボ。夏の終わりではなくとも今の時期もやはりいるんですね。
 そして、今日のランニングでは、期せずしてハコガメの餌も確保できました。道端のある草にたくさんのコガネムシがついているのを見つけたのです。まさにコガネムシロード。もちろんビニール袋にせっせと集めました。こんな経験初めてです。

P7049999.jpg

 この甲虫の固い外骨格を、ニシキハコガメは何度も噛んで細かくし、それ以外の部分と合わせてミンチ状にして飲み込みます。そして、ミルワームにしても甲虫にしても完全に消化してから、ふんとして排泄しているように見えます。一方、ミズガメに昆虫を食べさせると、外骨格がそのままふんと一緒に出てくることが多いように思います。これは、口に入る大きさになったら、そのまま飲み込んでいるせいかもしれません。それでも栄養面では中身を消化吸収できているのでよいのでしょう。ニシキハコガメが昆虫の外骨格を消化し、栄養として利用できているのか、ふんを調べたら面白いような。

 我が家のニシキハコガメは2クラッチ目が間もなくありそうです。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

 

コメント

非公開コメント

こんばんは。
甲虫も食べるのですね?!

ミスジカモメさん、

こんばんは。自然界ではニシキハコの主食は甲虫です。
コガネムシは草食ですし、コガネムシを通して植物由来の栄養も得ているんでしょうねえ。