九州レプタイルフェスタ2014に出展して

 九州は本日ついに梅雨入りしました。エルニーニョ現象があるとかで、梅雨明けも遅くなるのでは、との予想です。ということは、昨日の九州レプタイルフェスタが、梅雨入り前の最後の晴れ日。その日博多は、最高気温が30℃を越える暑さでした。九レプ会場にいると、そんな外の様子はまったくわかりませんが、最初快適そのものだったホールは、開場後しばらくすると少しずつ暑さを感じるようになりました。人の熱気がものすごかったです。1580人来場。


 当ブースでお買い上げくださった皆様、また、楽しくおしゃべりしてくださった皆様、本当にありがとうございました。九州各県はもとより、遠くは関東からいらっしゃった方も声をかけてくださり、ありがとうございました。
P6019548.jpg




 出展者も会場に到着してから初めて知るブース配置。事前発表のぶりくらとは違いますが、これはこれで楽しみでもあります。今回どんな出会いがあるんでしょ。

 私のブースから見た右の景色。右隣が「アクアプラント」さん。その商品の見事さに、多くのお客さんが足を止め、手に取って興味深く見ているのがとても印象的でした。芸術の領域ですわ、これ。
P6019552.jpg

 左側の景色。左隣が「Marihonette(マリホネット)」さん。親子でブースに入っておられました。
P6019553.jpg

 私の並びには生体を販売しているブースがひとつもありませんでした。後ろが「九州もん+α」さん、通路を挟んでカメレオンの「CANDLE」さん。非常に興味深い配置でした。
P6019566.jpg

 今回は会場に着いてからの準備が順調に進み、私にとっては今までで一番余裕をもって臨めました。それでも一部のパッキング容器といわゆるレジ袋を自宅に忘れてくる失態。まあ何とかやりくりできましたが。



 店番の妻からいつ呼び出されるか気になって、他のブースをじっくり見て回るとまではいきませんでしたが、そこそこ自由に行動できました。感謝です。



 ホウシャガメ(登録票付)の実物を初めて見ました。
P6019555.jpg
P6019559.jpg
 高価だったけど売れてたのもあったもんなぁ。すごい。

 まだ正午にもなっていないのに、もう最後の1頭になっていたイベラギリシャリクガメCB。かわいらしくて欲しくなってしまいましたが、うちでもいつか繁殖の機会が訪れるかもと思い、踏みとどまりました。そうそう、うちで5月に産まれたギリシャの卵、やはり無精卵のようです(悲)。
P6019557.jpg





 持って行ったニシキハコガメ以外の自家繁殖個体は、おかげさまで、正午過ぎにはほとんど新しい飼い主さんのもとへ旅立って行きました。お買い上げくださった皆様、改めて御礼申し上げます。

 一方、午後からあまり動きがなかったので、店番しながら“うちの子ってほんとかわいいよなぁ”と思いながら写真を撮ったり・・・(笑)。
P6019562.jpg
 実際、ニシキハコガメは、結構女性客受けが良かったんですよ。“このカメ、かわいい!”って。

 でもね、値段が全然“かわいくない!”




 お隣の「Marihonette」さんの、巨大ヒラリーカエルアタマガメの骨格標本。黄色っぽく見えますが、実物は白いですよ。
P6019563.jpg
P6019564.jpg
 自然の造形の見事さを感じます。そして骨を一個一個組み上げるマリホネットさんの緻密な技術と根気にも脱帽。

 この大学4年生の若者がマリホネット代表。顔出しOK ということでしたので。
P6019565.jpg

 出展の目的は当座の販売というよりこの分野をもっとよく知ってもらうこと。骨格標本の作製依頼を受け付けておられます。いかがでしょう?

 詳しくはホームページで。http://marihonette.wordpress.com/)">(http://marihonette.wordpress.com/)。

 我が家でもしあの個体が死んだら・・・と私も一瞬考えましたが、その想像はすぐ否定しました。だって、そんなのまだまだずっと先であってほしいから。でも、その時もいつか必ずやってくるわけで、もし作製をお願いしたら、・・・どこに置こう? 自分だけならまだしも、家族はどう思うか? 幸いうちは一種の民間教育機関でもあるわけで、教育利用という方法がありますが。
 いろいろな負のイメージを克服しなければならないわけなのですが、でも本当に大切にしたいと思うこの技術。志を高く持っている人を応援したくなる自分。

 
 娘さんを優しく温かく見守っておられるお父様、ご親切ありがとうございました。本来の目的も達成できて良かったですね(謎)。




 16:00終了。結局ニシキハコガメはすべて我が家へ持ち帰ることになりました。そして、撤収をしながら一気に疲れを感じ始めました。そういえばすっかり忘れていましたが、昨晩は本業が終わった後準備に結構時間がかかって、3時間しか寝てなかった。でもそれを忘れているほど、熱くなっていたんでしょうね。

 それでもこの後の時間は、荷造りと店番で大きな働きをしてくれた愛妻のために取り分けた時間。博多の街をぶらついて好みの美味しいものでも食べるのかと思いきや、予想に反して新幹線で早々熊本に帰ることに。博多駅でケーキを買っただけで、17時台の新幹線にもう乗ってました。

P6019567.jpg
P6019568.jpg
 余談ですが、疲れていても気づいてしまった“血糊”のようなもの。何だろ?生き物でもはねてしまったのか。骨格標本に・・・無理。そもそも骨が無傷で残っているとは思えない。



 結局、熊本の美味しいイタリア料理店で食べたのが、私たちの打ち上げ・反省会でした。




コメント

非公開コメント

キボシ

気長に育てるつもりです。
ブログ楽しみに見させてもらってます。
お世話になりました。
ちょくちょくコメントしていくつもりです。
よろしくお願いします。

ミスジカモメさん、

ご購入ありがとうございました。
ただ、複数いらっしゃる方の中のどの方が?と思いましたが、
分かりました!お昼頃残り2匹の時にご購入くださった方ですね。
お名前はkazuさんのブログのコメント欄で何度も拝見していました。
「ミスジカモメ」って名乗っていただけたら良かったのに。
今後ともよろしくお願いいたします。