リクガメの初産卵

 実は我が家にはギリシャリクガメの成体ペアがいます。メスは1kg超。
P5179347.jpg

 我が家にやって来たのは今年4月半ば。一目で気に入り、何度か通った末迎え入れることを決意しました。お店ではこんなふうにして飼育してありました。ちょっとした日除けとかしていたようですが、3、4月の気温の上下する中でも、雨が降る中でもこの管理。
P4198997.jpg
 お客さんからの下取りで、小さいうちから屋外で自由に育てられてきたようです。亜種は不明ですが、冬眠可能なギリシャリクガメです。

 5月に入り、給餌の際には抱卵を確認する日々。ついに自分の手にその感触が伝わってきました。この個体にとっても初抱卵、私にとってもリクガメの初めての抱卵です。

 そしてそれが週末ついに産卵しました。産卵のためとはいえかたい地面をよく掘りますね。
P5179311.jpg

 産卵の瞬間です。合計4個産みました。
P5179316a.jpg

脚で卵の位置を調整しています。この時はそばに寄って近接撮影。
P5179355.jpg

P5179427.jpg
P5179427b.jpg
P5179427c.jpg

 埋戻しも終盤。
P5179435.jpg


 4個無事に回収しました。インキュベーターに入れるも、すでに2日以上経ちましたが、白濁の兆候がまったく見えません。というかはリクガメの卵って白濁分かりづらいでしょ。キャンドリングも併用していますが、よく分からない。ショップでは♂がマウントしていたと聞いていたし、わざわざ穴を掘って産んでくれたので有精卵の可能性も十分あると思ったのですが、初産卵のようですし無精卵っぽい気がします。もちろん腐るまで孵卵器に入れておきます。

 最近はリクガメの餌にも困りません。妻もウォーキングを始めたので、野草を採集してきてくれます。

コメント

非公開コメント

産卵おめでとうございます。
白濁はわかりにくいかもしれませんが、血管ができたり、中で育ってくるとキャンドリングで見えるようになると思いますよ。

takibiさん、

ありがとうございます。
やはりリクガメの卵の白濁はわかりにくいんですよね。
もうしばらく放っておいて、何かできてくるかどうか観察してみたいと思います。