防犯カメラが見たものは・・・

 旅行から帰って飼育場を見に行くと、かわいがっていたあるカメが1匹だけ出迎えてくれない。飼育場の隅々まで、物を除けたり土を掘ったりして探してもその姿はどこにも見あたらなかった。嫌な予感がする。


 理由を知るべく防犯カメラの映像を丹念に調べた。夜中の鮮明な映像もあるが、まずは日中に絞って確認した。何かあったとすれば、“そいつ”の習性からして、きっと周りが明るい間、だろう。すると、やはり“そいつ”が来ていた。



 “そいつ”は朝6時半過ぎにひょっこりやって来た。カメにちょっかいを出すが攻めあぐねる。飼育場内をうろちょろして約8分後、“そいつ”は去っていった。

 二度目は10時過ぎ。この中で一番小さな被害者が見つかってしまった。襲撃の合間に時折水入れから水を飲むふてぶてしさ。“そいつ”は15分ほどいて、ふたたび飛び去った。

a2.jpg

 そして正午前にその日三度目の来襲。“そいつ”は、今回は事を素早く運んだ。わずか3分いただけで空に持ち去った。

a3.jpg

 植物が適度に茂って目隠しになっており、今まで“そいつ”らにねらわれたことは皆無。だから大丈夫だと油断していたかもしれない。ただ、今年初め、飼育場内の樹木を思い切って小さくし、それがすべてを見渡せる格好の止まり木になっているのは映像からも想像できた。とても愛らしくて、かわいがっていただけに無念の極みである。いなくなったカメには本当に申し訳ない。飼い主がもっと対策を講じていれば失わずに済んだ命。

a4.jpg

 防犯カメラは一部始終を記録していた。それを見続けることは、飼い主にとって、自らの油断と愚かさを戒められる拷問であった。でも目を背けてはいけない。正視しなければならない。それは辛い作業だったが、彼はもっと辛かったろう。今はもういない・・・。



※ これから“そいつ”らの繁殖期です。ここに書かなければ人知れず終わってしまう経験ですが、自戒の意味と注意を喚起する意味で、あえて記します。(画像は背景を意図的にカットし、かなり縮小しています)


コメント

非公開コメント

こんにちわ。
☆になったのはニシキさんですか?
映像が残っているのも辛いですね。
本当にタチ悪いですよね!カラス 怒
ウチのカメはまだ小さいので全て水槽で飼ってますが、たまに金網張って外に水槽ごと出すんですが人の気配が無くなると近くの木の枝に止まり様子を伺ってます 怒
やはり外で飼うなら金網対策はした方がいいかもですね。
気を落とさず…と言っても辛いでしょうが頑張って下さい!p(^_^)q

お久しぶりです。

カラスが 亀をさらうのは 都会の話だと思ってましたが

こちらでもあるんですね;^_^A

うちも ソロソロ外に出す予定ですので対策を考えないといけませんね;^_^A

ひろとんさん、

持って行かれたカメはニシキではありません。このブログで紹介していないカメです。
仔ガメを日光浴させる場合はきちんと対策するし、
というか仔ガメは怖くて飼育場にそのまま出さないんですが、
今回は、持って行かれない大きさだろうという油断がありました。

そうそう、以前の記事でせっかくコメントくださったのに、
訳あって非公開にしました。
すみません。

vivicさん、

お久しぶりです。お元気でしたか。仕事忙しいんでしょう?
あっ、サンバスボックス、とても重宝してます。ありがとうございました。

> カラスが 亀をさらうのは 都会の話だと思ってましたが

ほんと実際に経験したのは初めてです。外に出している中で一番小さいのがやられました。
もう持って行かれそうなカメはいませんが、早速ネットを張りました。
お互い気をつけましょう。