中国の定期市-カメをさがして-その1-

 中国に行ってきました。

 中国のネット環境では、私が利用しているこのfc2ブログへの接続には制限がかかっていました。そう、中国からは自分自身のブログをまったく見ることができないのです。同様にyahooブログへもアクセスできませんでした。アメブロなどいくつかのブログへは問題なくアクセスできるんですが、どういう基準でこうも違うのか不思議です。facebookやTwitterへも✖。



P4269078.jpg
 経済成長著しい国です。
P4269089.jpg


 しかし、私が関心があったのはもっと泥臭い面。それには庶民の定期市を見ることだろうということで、中国到着翌日何を見るよりも真っ先に行ってきました。
 この日はあいにくので足元はぬかるみ、雨がさらに強くなるにつれ足元を泥水が流れる“最高”の状態のなか、カメラ片手に徘徊しました。ほんとうにワクワクしました。見物した後は病気にならないか心配するほどでしたが、幸いなことに旅行期間中も帰国後も元気です。



 店の配置はだいたい決まっているようで、似たものを扱う店同士が固まっていました。



 肉屋の区画は、日本でスーパーマーケットのパック売りを見慣れている者からしたら、かなり衝撃的です。生温かい感じのする独特の屠畜したにおいが漂っています。日本でもよく見かける肉が、日本と違うのは大きな塊で店頭につるされ販売されています。こちらはほぼすべて骨付き肉です。なお、下の画像の肉は日本では食べない種類です。ご想像あれ。
P4269039.jpg

 中国でよく見かけたオートバイと荷車が合体したような乗り物(トライク?)
P4269040.jpg


 この定期市を訪れた主目的は、亀を見ることでした。

 なお私が訪れたのは中国北部です。中国は広大な国土をもち、場所により生活や食文化が違うのはもちろん、人々の気質までも大きく違うそうです。南部の人はカメを食べるようで、市場でも食用の亀が販売されています。一方、私が訪れた場所では、日本でも食用になるスッポンは見かけましたが、もともとカメを食べる習慣はないそうです。ですから、販売されているカメは、多くの肉が取れる大型のカメではなく、ペットにちょうど良い大きさの小型のカメばかりでした。中国人はカメを食べるとよく言いますが、それは主に南部の習慣であり、中国全土に当てはまるわけではないのです。


 初めて見つけたカメは園芸店にいました。販売されていた植物はざっと見た感じ日本の園芸店にあるものと変わりませんでした。そしてその一角に金魚や錦鯉なども扱っていました(これまた普通種)。こういう店には“水族”と表示があります。
P4269041.jpg
 はい、ミシシッピアカミミガメ(通称ミドリガメ)です。やはり最初に出てくるのはこれですよね。いくらだったかな?うろ覚え(カメを売っていた幾つかの店の情報が混ざっているかも)ですが、確か10元(170円)~25元(425円)だったと思います。


 ほかにもいないのかどうか尋ねると、店の奥の水槽にもいると言われました。

P4269043.jpg

 黄耳亀50元(850円)、西錦180元(3,060円)とあります。西錦ってセイブニシキガメ?このあたりは、私にはよく分かりません。また半分はがれている「○香(500元)」てのが何なのか不明。売れちゃったんでしょうね。



 続く


中国の定期市-カメをたずねて-その2-

コメント

非公開コメント