ニシキハコ冬眠組、生存確認

 最近はもう春かと錯覚するかのような陽気です。この気候が続かないのは分かっていますが、寒暖を繰り返しながら、確実に春はやってきます。暦の上でも早いもので明日から二月。辛抱はあと1か月です。なお、二月に入ってしばらくの間、たぶんここは熊本城マラソン中心のブログになります(笑)。


 先日、冬眠から覚ましたニシキハコガメや加温組の2012CBのことを書いたら、急に冬眠組が気になってきたので、生存確認の作業をしました。

 ニシキハコガメ・スジコG(左)、季節外れの晩秋に産卵をし、その後の産卵の兆候がなかったため、途中から冬眠に移行した個体です。無事冬眠に移行できているようでした。
P1318127.jpg
 そして、右の個体は2011CBかな?この個体のみが浅めのところに移動していました。ご覧のようにすぐ目覚め。

 冬眠組の中で特に気になっていたのは、2012CBのうち初冬眠させた方。どこにいるのか探し回ったところ、かなり奥深い所にいました。全然心配する必要がなかったようです。
P1318128.jpg
 でもこの個体もすぐにお目覚め。ひどい甲ずれですが、その放射模様はかなり好きかも。
P1318133.jpg

 その他のニシキハコガメ成体♀たちもすべて生存確認しました。どの個体も、温度変化の少ない容器中央寄りの底の方、多少湿り気のある黒っぽい土の中で休んでいました。若い個体ほどすぐに起きてくる傾向があるようで、成体はどっしりと冬眠している感じでした。
 ♂グループの冬眠箱も調べたのですが、表層近くにはいなかったので、そっとしておくことにしました。

P1318134.jpg
 2012CBだけ、結局起こしました。





Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

コメント

非公開コメント

冬眠の仕方、カロリナとは違って、すごくもぐるんですね。興味深いです。
冬レプでは、静岡のあの方とゆっくりお話しする機会がありました。ニシキに魅了されてしまい、しかし癖があると聞いて躊躇していたのを、詳しく解説していただきました。
うーん、悩みますね(笑)しばらく、ニシキの生態をここで学ばせて頂くことにします。
でも案外、すぐに行っちゃったりして…

宮っ子さん、

こんばんは。ニシキにすぐ行っちゃいますオーラがすでに出ていますね(笑)。楽しみにしています。

ニシキハコで立ち上げが必要な個体は最近はあまり見かけませんが、
何年も元気にしていたのが急に調子崩して・・・ということもあり、
うちでも一昨年から昨年にかけて成体♀1、♂2失いました。
産卵にも気を遣うし、卵詰まりあるし(2度経験)・・・。
でも、でも、最高にかわいいやつらですよ。
先立つものがありこれっていう良いのがいたら思い切って行くのもいいかも。
うちの秋産卵のスジコGはまさにそれでした。
それにしてもニシキは♀がいませんね。どこかにいるのかな。