2頭孵化しました。そして早くも初給餌

 他所でもニシキハコガメが孵化しているみたいで、今年はうちと同じような季節外れの産卵がちらほらあったようです。


 昨晩、2匹目も外に出ていました。人を避けて床材に潜ろうとします。
PB217517.jpg


 今朝2頭を、インキュベーターの中の暗闇の中から取り出してみると、先に孵化していた方が盛んにミズゴケに噛みつく様子を見せました。それで水でふやかしたカメプロス(大)をやると…。
PB217525.jpg
PB217526.jpg
PB217530.jpg
 四分の一くらい飲み込んだでしょうか。二日前に孵化したばかりなのにこんなに早く食べ始めるのは、これまであまり記憶にありません。出てきた時からヨークサックも完全に吸収されていました。
 それにしてもカメプロス、いつから4種のハーブが添加されたのか、今一つ食いつきがよくないように感じます。これは添加前のものです。
 みなさんのお宅ではいかがでしょう?


 ガラス越しの太陽光のもとで少し白っぽく写っていますが、実際に黒地は目立たず全体的に黄色っぽいです。
PB217532.jpg



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

コメント

非公開コメント

この子ガメたち、ものすごく模様が細かいですね。場合によっては、「ミナミニシキ」で、通ってしまうかも??
 
kasimiroさんの親ガメは、いかにもキタニシキという個体ばかりですが、「ミナミニシキタイプ」も、産まれるものなのでしょうか?

宮っ子さん、

この記事の中の幼体の母親(自家繁殖2006CB)は、「中間的個体」といわれるかもしれない♂(放射模様の数はキタだが色の薄い個体)の血を受け継いでいます。詳しくは「飼育の原点」と「2006CB」というカテゴリーの記事をご覧ください。ただその♂を使っても、模様が細かくならない場合もありました。

また、キタ同士の交配で出てくる幼体の模様は「2013CB」カテの記事を参照ください。結論からいうと模様の細かい幼体が生まれています。