浮島、さよなら! 一挙に問題解決

 水槽でカメを飼育する際の悩み。

 特に遊泳するカメの場合、水深を深く取ってやりたいのにそうできない。

 なぜなら甲羅干しの場所が必要だから。我が家の場合、これまで市販の浮島を利用し、水量を水槽の三分の二ほどに抑えてきた。

 ただこれとて現在入手できる一番大きいサイズを使ったとしても、カメの大きさと収容頭数を考えるとまったくもって不十分。カメの重みで浮島が頻繁に水没することも。
 流木やブロックを組み上げて陸場をつくるとなると、遊泳スペースと水量を多少なりともさらに犠牲にすることになる。

 水深と陸場の問題を一度に解決するには・・・・。




 で、こうなりました。水槽の上に陸場を造ろう。そして水も水槽にいっぱいに入れよう。
PA277361.jpg

 アクリル製の手作りです。これ、120cm水槽の上、半分の大きさに乗ります。

 カメが上陸する部分にはたくさんの穴が開いており、水がたまりません。スロープも同じくパンチング塩ビを使用。スロープは位置を変更できます。

PA277367.jpg
PA277368.jpg

 実はこの一枚板のパンチング陸場、取り外し可能です。取り外した後、この部分に市販の大きなプラケースがぴたっとはまり込みます。それに土や砂を入れると産卵場にもなります。

PA277370.jpg

 水中を見るとスロープが見えます。スロープの末端には折り返しが付いており、カメがその上で休むこともできます。


 設置一日目には上陸してくれなかったアッサムセタカも、翌日から上陸し始め、今では人が近づいてもあまり水に飛び込まないようになりました。
PA287394.jpg

 これ(「サンバスボックス」という名称)を作ってくださった方は、熊本県八代市在住のvivicさん。本業の合間に作ってくださいますので、彼が最も忙しい時は2週間ほどみておく必要があります。手作業でのアクリルの切り出し、面取り、接着などで完成まで6時間かかるそうです。しかし、水槽の大きさとこちらの要望に合わせてオーダーメイドで作ってくださいます。
 そのためそれなりの金額がかかりますが、自分で作る暇も技術もないし、工具や材料をそろえるのも大変ですので、今回頼んで大正解でした。

 ブログをなさっています。「カメをこよなく愛する男・・・。」。




 奥様から、お子さんと一緒に作ったというほっかほかのスイートポテトをいただきました。ありがとうございました。家族でいただきましたが、とても美味しかったです。

 今回時間がありませんでしたが、いつか飼育場見学もさせてくださいませ。








コメント

非公開コメント

無事に乗ってくれてホッとしてます。^ ^

いつもヒヤヒヤものなんですよねf^_^;

慣れるまで 最長3週間くらいかかった個体も居ますもので・・・・f^_^;

乗れてない個体もそのうち登れるようになると思います。^ ^

ウチのマタマタでさえ パンチングの垂直面を登っていき何度か脱走されて経験がありますもので・・・(汗)

それと 画像を少し使っていいですか?

vivicさん、

その節はお世話になりました。
水槽内がスッキリしました。ありがとうございました。
けっこう大きいんですが、透明なので水槽の上にのせていても威圧感がありません。

この記事の画像、どうぞ使ってください。

ご無沙汰しております。Kazです。

これ、いいですね。グッドアイデア!感動物です。

パンチングボードって物があるんですね。使えそうだな。ホームセンターとかで売っている物なんでしょうか。今度探してみよう。

Kazさん、

こちらこそご無沙汰しています。
でも、ブログいつも拝見させていただいています。
ニシキハコの時は特にコメントを書き込みたかったのですが、そうできませんでした。

これ透明で威圧感がなくて、ほんと重宝しています。
カメも今は慣れて、すべての種が上陸して甲羅干しをしています。

パンチングボードのおかげで、陸場の床は乾きやすく、スロープはカメが爪をかけて登り易いですね。
曲げ加工が必要ですけど。