アッサムの生態

 今年2月にアッサムセタカガメ幼体の飼育を開始して、この秋から初めて室内120水槽で飼育しています。すると屋外やタブでは見られなかった生態が見られて、非常に興味深く思っています。


 水深は深めがよろしいというのが改めて分かりました。水槽内を活発に縦横無尽に泳ぎ回ります。


 小さなアッサムは、夏の間水槽より浅いタブで飼育していましたが、水深のある水槽で飼育し始めた途端、餌食いがとても良くなりました。ガラス面で指を動かすと寄ってきますし、水中でホバリングしたり、泳いだり、愛くるしい生態を見せてくれています。


 
 ♀は泳ぐ泳ぐ泳ぐ。
PA247353.jpg

 そしてそんなときは総排泄孔をよく開いています。
PA247350.jpg

 こんなに開いているのって初めて見たので、不思議な感じがします。運動量が多いので、水中酸素を取り入れるための仕組みなのでしょうか。元気も餌食いもいいので、少なくとも異常ではないように思えます。


 今は大きめの浮島を陸場として使用しています。でもそれでは水深を取るのに限界があります。それで別の方法で陸場を設ける計画を進めていました。そしてそれが完成したと連絡がありました。




Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

コメント

非公開コメント

良いなぁ~!

お久しぶりです!
アッサム状態良さそうで良いなぁ~!
私も以前飼育してましたが、スドーのメタハラを使ってから目が白くなり状態が徐々に悪化して一頭…また一頭っと居なくなり飼育意欲が無くなり手放した経験があります。

しっかし!いいなぁー!

追伸 私のブログにお気に入りリンクさせてもよろしいでしょうか?

gokurakukameさん

こちらこそお久しぶりです。

そうそう、ヒメハコの卵、孵化しなかったんですね。日本初を期待していたのに。
原因は何だったんでしょうね。

アッサム、恐る恐る飼育していますが、今のところ元気です。
いいカメですねえ。
もうなかなか入荷しないんでしょうかね。最近ネット上では手ごろなのをさっぱり見ませんね。

> 追伸 私のブログにお気に入りリンクさせてもよろしいでしょうか?
こちらはリンク表示していないんですが、それでもよろしければよろしくお願いします。