ニホンイシガメ 今年初産卵

 目の回るような忙しさが一段落つきそうですし、記録を残すためにも更新します。


 我が家のニホンイシガメがやっと産卵し始めました。昨秋種子島産の成体はすべて手放したため、今いる成体はすべて地元産。そう、日本三大急流の球磨川、その支流産。
 地域を分けて飼育しなくてよくなったため、実際の管理の面でも配慮の面でも負担が減り、随分楽になりました。


 今回産卵したのは、昨年9月に捕獲した個体。その捕獲の記事はこちら
P6145161.jpg

 隣りにある穴は一晩で新たにできていた穴。この個体が掘ったものかどうかは分かりませんが、結局は他のカメたちもよく産む場所にこの個体も産んでいましたので、楽に回収ができました。
P6145163.jpg

 今朝は餌食いがものすごく良くなっており、産んだなと直感。





 そして夜、仕事が終わって教室横の飼育場を見ると、ちょうど別のニホンイシガメが産卵中でした。目の前でポロッポロッと白いものを穴に落としていきます。この個体は我が家の最古参、まもなく飼育18年になる球磨川産。
P6145174.jpg

 ここ、石ころも多い硬い土です。ほかの種は産まないでしょう。ニホンイシガメは予想もしない所に産むことが多々あり、卵探しの時はまさに知恵比べ。結局は発見できなくて、いつの間にか孵化しているということもありました。

 今年は現場を押さえられたので、明日回収します。


コメント

非公開コメント