アメハコ論文から -キタニシキとミナミニシキ-

 とある爬虫類ショップさんのブログで紹介されていたアメハコの最新分類。非常に興味深かったので、論文を探し出してその中の自分に関心がある部分だけ拾い読みしました。なんとニシキハコガメについても記してあるではありませんか。
※ 以下の記事に不正確な部分があったらご指摘ください。


 ※ もとの論文はこちら


 ミツユビハコガメの件が話題になっていましたが、正直言いまして私はあまり興味がないので、ニシキハコガメに関する部分を。

P5174574.jpg



 最初の要約部分を見ると、

Terrapene ornata ornata and T. o. luteola lacked distinction phylogenetically, and Terrapene nelsoni was confirmed to be the sister taxon of T. ornata. … T. o. ornata and T. o. luteola should not be considered separate subspecies.



 「キタニシキハコガメとミナミニシキハコガメは、系統的に区別がなく、ネルソンハコガメはニシキハコガメの姉妹分類群であると確証された。…キタニシキハコガメとミナミニシキハコガメは別々の亜種と考えられるべきではない」、とでもなるでしょうか。




 本文中では、

Terrapene o. ornata and T. o. luteola are very closely related and do not appear to be divergent enough to be considered separate subspecies. We recommend that these taxa should be clumped together as T. ornata , which disagrees with Herrmann and Rosen (2009), who found population structuring between T. o.ornata and T. o.luteola . Terrapene nelsoni should remain the sister species to T. ornata.



 要は、キタニシキハコガメとミナミニシキハコガメは極めて近い関係にあり、別々の亜種とするほどの分岐・違いはないので、ニシキハコガメとして一つにまとめるべきだ、と述べています。Herrmann and Rosen (2009)は調べてないので分かりません。





 結論として、

In conclusion, we recommend splitting Terrapene into five species (1) T.carolina , (2) T.mexicana , (3) T.coahuila , (4) T.ornata , and (5) T.nelsoni . Terrapene carolina should contain three subspecies (T.c.carolina , T.c.bauri , and T.c.major ). Terrapene mexicana should contain three subspecies (T.m.mexicana , T.m.triunguis , and T.m.yucatana). While T.m.yucatana appeared to be a unique species based on the Cytb percent divergences and the barcoding data, there was a limited sample size for this taxon and the nuclear data disagreed; thus, we recommend that yucatana remain with T.mexicana. Lastly, T.coahuila and T.ornata should be monotypic. Since we did not obtain any samples for T.n.klauberi evaluations could not be made between the subspecies of T.nelsoni.



 5種に分割することを提案しています。

(1) T.carolina (3亜種、トウブ、フロリダ、ガルフ)
(2) T.mexicana (同、メキシコ、ミツユビ〔T.m.triunguis〕、ユカタン)
(3) T.coahuila (ヌマハコガメ)
(4) T.ornata  (ニシキハコガメ) ←キタとミナミをまとめて一つに。
(5) T.nelsoni (ネルソンハコガメ)


 私自身キタとミナミは本当に区別が必要なのかどうかと感じていたのですが、この論文では遺伝的にみて分ける必要はないということだそうです。

 さて、この提案は将来受け入れられるでしょうか・・・。


コメント

非公開コメント