初産卵

 5月21日、屋外飼育場のカメのねぐらの土を何気なく掘っていると、まったく意外だったんですが卵が2個出てきました。
P5214755.jpg

 その硬質の卵殻や産卵状況から、思いつくのはセマルハコガメ。しかしいつも見慣れた卵より小さめ。状況から今まで全くのノーマークだったセマルが「初産卵」か。

 その個体は2008年の今頃我が家にやってきました。ちょうど5年前ですね。カメ友であった友人が外国に引っ越すことになり、持っては行けないということで、私に譲ってくれた自家繁殖個体でした。

P5234773.jpg



 現時点で1個だけ白濁し始めました。



P5234783.jpg

 ということは、オスは2000年に幼体で購入し、かれこれ13年ほど飼育しているCB個体。



 幼体から飼育していたもの同士で繁殖するとなにかうれしいですね。


コメント

非公開コメント

立派に綺麗に育ったチュウゴクセマルですね~。
純血チュウゴク、今ではアダルトは貴重だと思います。
無事孵化するといいですね(^_^)

Re:

kazuさん、お褒めの言葉ありがとうございます。
純血チュウゴク大切に育てないといけませんね。
特別な配慮もいらずに飼育できてしまうので、これまであまり目をかけていなかったのですが、今後はもっと目をかけます。
譲ってくれた友人にも感謝しなきゃ。