甲長19cm

P1042697.jpg

 ナガクビのなかで無加温で飼育できるということで、自分自身が自分に唯一飼育を許しているオーストラリアナガクビガメ。情報源として「世界のカメ」を読んだ頃から憧れていたカメ。当時から高価で、とてもそんな金額、カメに払えないと諦めていたカメ。そして、確かアンディーランドで実物を初めて見て、これがあの、あの、あのカメ・・・と思ったカメ。

 でも、今はいつのまにか4頭もいる・・・。

 いろんな意味で感慨深いものがあります。

 「あのカメ」を家の水槽で毎日眺められることからくる感慨。ほとんどの場合この種としてはかなり安く売りに出されていたんですが、その好機をよく逃さず集めたなあという感慨。はたまたほかの感慨が混ざっています。

 他のホビーにも共通する自己満足の世界ですね。


 この個体は甲長19cm♀。
P1042703.jpg

 となりはうちで一番小さい、幼体から育てているロンギコリス。かつて悪食で死にかけたことがありましたが、今となってはそんなことも全く感じさせないくらい元気です。

 いつかは繁殖させたいんですけどねえ。



Chelodina longicollis

コメント

非公開コメント