2012ニシキハコガメ繁殖総括

 ニシキハコガメ2012CB、ぶりくらから帰ってからまた少し大きくなりました。

PB202285.jpg

 結局今年生まれの幼体はこの5匹のみ。9月に産んだ卵はすべて途中で発生停止。いいところまで育っていたのもいたんですが、なぜか孵化にまで至りませんでした。孵化に至るまではいくつもハードルがあって、ほんとよく分かりません。来年出直します。

PB202282.jpg

 配合飼料を食べるんで飼育し易いです。左の甲ずれ個体が一番よく食べます。ただ、このサイズの頃、一番成長の良い個体が急にコロッと行く場合があるのでまだ油断は禁物です。ニシキの幼体が弱いという意味ではなく、1番手がなぜか死ぬ。そして2番手、3番手がうまく成長する。


 この冬はすべての♀を冬眠させる予定ですので、冬場の産卵はありません。クールインキュベータも来年までお休みです。



《2012年ニシキハコガメの産卵状況(最終状況)》

◆総産卵数34個

内訳

 孵化(5個)

 無精卵(12個)
 発生停止(9個)
 破損(2個)
 孵卵失敗(6個)



 いやあ効率悪いですねえ。改善したいです。




Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

コメント

非公開コメント

ニシキさんの繁殖って難しいみたいですね(汗
CBをみかける事も少ないですし
それでも毎年繁殖に成功しているって
凄いことだと思いますよ(汗
自分もいつかは、挑戦してみたいですね~
上の集合写真の右下の子ライン太くてカッコいい・・・
壁|-_-)

HPを読んでいると、キタニシキハコガメの飼育の難しさが
伝わってきますね。

綺麗なものほど、維持管理は難しいのでしょうが、生きもの
の一緒ですね。なんでもそうでしょうが、一朝一夕にはうまく
行かないものですね。だからこそ、その貴重性が輝いてくるの
でしょうが、、、

だからこそ、去年、導入したキタニシキを手放したのが正解と
考えるべきなのか、もう少し粘って飼育技術を習得した方が
良かったのか、

私は、あのまま原因不明では全部★にしてしまったことを考え
ると、前者をとって正解だったと思います。しかし、未練は残
りました。来年は、機会があれば是非比較的飼育難度が低い、
国内CBで再挑戦してみたいものです。

Re:

がぢゅ丸さん、

ありがとうございます。
繁殖が難しいのか、腕がないのか、それとも両方かってとこでしょうか。

> 上の集合写真の右下の子ライン太くてカッコいい・・・

同感です。マイコレ候補でございます(笑)。

Re:

かかしさん、

かつて導入されたニシキハコがなんで死んだのか分からないので難しいところですね。
確かにWCは飼いこみだとしても、スムースに飼育できるものとそうでないものがいる感じですし、
思い返せば成体は新しい環境に慣れるまでに時間がかかる気もします。その点で飼育にコツがいるかも。
やはりCBが無難かな。