ぶりくら市2012レポート (初出展者の視点から)

 あのぶりくら市からはや一週間が経ってしまいました。
 ぶりくら市・・・客として行ったこともないのに、いきなり出展者側に回りました。たぶん出展を重ねるうちに慣れてきて、そんなに感動が起きなくなるでしょうから、初出品で感じたことなど、最初で最後の記録として残しておきます。たぶんこんな視点の記事、あまりないでしょうし、もし今後初めて出展を計画なさる方がいらっしゃるなら、参考になればよいと思い、恥を忍んで書きます。

SBCA0208.jpg

 今回は九州新幹線と山陽新幹線を乗り継いで神戸まで行くことにしました。そして私が他のブースを見て回るためにも、誰か一緒の方がよいと考え、私のカメ趣味にまったくタッチしたことのない妻を店番として連れていくことにしました。それゆえ必然的に、ぶりくら以外に、妻のために神戸プチ観光も組み込むことになりましたけど。二人分の旅費を、宿泊も確保しつついかに安くするか。妻がネットで調べ、阪急交通社の「のぞみでGO!」というホテル1泊付きプランを利用することにしました。なんと二人で5万円かかりませんでした。

 ぶりくら初出展の日程は、かなり強行なものでした。土曜日に出発するのに、午前中は中三の模試の監督、午後2時過ぎの新幹線に乗って夕刻神戸入り。その晩は、兵庫県のとある市に住んでいる友人が快く泊めてくださることになり、カメもろともお邪魔しました。その晩楽しいひと時を過ごして、翌日はぶりくら。ぶりくら終了後は、神戸の街へ出て徒歩観光と食事。翌月曜日は午前中モザイク周辺を観光し、午後の新幹線で帰宅。帰宅したら休めるかというと、中三の授業。
 まさに日を跨いだ仕事と仕事の合間に、できるだけ多くの神戸滞在の時間を確保するというものでした。

 ぶりくら当日、ぶりくら会場には集合目安時間より20分ほど遅れて到着。すでに多くのブースで設営が始まっていました。出展者受付を済ませ、私の予定ブースの場所に出向くと、両隣りのブースはすでにテーブルクロスを掛け、結構生体が並べてあったりします。テーブルクロス忘れた!と最初に思いました。というよりまったく頭の中にそのことがありませんでした。どの生体を持って行くか、どんな容器に入れて見せるか、値段の表示をどうするか、どうやって会場まで安全に運ぶかだけに集中しており、テーブルクロスのことなんかまったく考えていませんでした。(実際必須ではなかったんですが、全然見栄えが違う気がします)。華やかなブースが並ぶ中に、質素な、別のことばで言えば、しょぼいブースがあるという感じです。こんなとこあえて立ち寄りたくないですよね。

 あと、あった方が良かったのが、バケツ。汚水をためたり、きれいな水をためたりするためのものです。私が持って来た物で水を入れる物といえば、展示用の、ちょうどの数の容器のみ。事前の情報でペットボトルに入れた温水を持参してはいたのですが、それを無駄にせずどうやって適温の水を作りカメを展示していくか、汚水はどこにためておくかなど最初から知恵を働かせるべく頭の中は高速回転。もう困り果てそうになろうかという時にちょうど助け舟。容器に入れた温水を分けてくださるご親切な出展者の方がいらっしゃいました。本当にありがとうございました。ぶりくら初参戦で奮闘する中で、私自身が温水のごとく温かい気持ちにさせられました。とてもうれしかったです。
 妻は食料の買い出しなどで私よりやや遅れて会場に到着する予定でした。それで私独りでいるときには、水換えに行きたくても、生体をその場に広げたまま残していくのはよくないと思い、私はブースを離れられなくなりました。最初から二人で会場に入っていれば良かったと思います。そして妻が到着してからやっと展示が進み始めました。また、その最中に、同じ出展者の方が近づいて来られ、話がトントンとまとまり、ある種をすべてご購入いただくことになりました。それでその分に使う予定だった容器を汚水入れにまわすことができました。
 この準備の間、妻はカメのことは分からなくとも、水汲みや水捨てに奔走したり、販売の書類などを準備したりして手伝ってくれました。非常に助かりました。これを初参加でしかも一人でやると勝手が分からずパニックになるでしょう。そうじゃなくても開場まで時間があまりないということでかなり焦っていましたから。

 容器に適温の水を張ってカメを入れると、カメの体内から出るべきものが出てきて、水が汚れます。すると見ばえを考えると、今入れたばかりの水を換えたくなります。また、あるカメを持ち運ぶのに緩衝材としてミズゴケを入れて持って来ていました。ミズゴケの破片が生体に付着しており、それでまた水が汚れます。前述のように汚水をどうするかなどで困っていた時には、さすがに自分が情けなく感じられました。もっと深く考えておけばよかったと。
 そんなこんなで時間があっという間に経って、開場時間が迫ってきてもまだ展示作業をやらざるを得ませんでした。外では来場者の方々が列を作って、今か今かと会場を待っておられるようですが、彼らが見ているかどうかなんてもう全然気にも留めていられません。とにかく必死。実際、ある来場者の方に、kasimiroさん、遅刻しましたね、と言われてしまいました。

PA282105.jpg
《私が撮った写真はこれだけ。オーストラリアナガクビCB。うちもいつか繁殖させたいな。TEAMヨシオカさんのブースにて》

 開場と共に一人二人とブースに近づいていらっしゃいます。そしてすぐに人の波が。初めてのぶりくらですので以前のそれと比較できませんが、確かにずっとブースにいなければならないほどでした。1929人の入場者数。トイレに行きたくても、その隙を見出すのがなかなか困難なほどでした。妻に店番を任せて、他のブースをゆっくり見て回る?できないできない。私のブースの場合、ドーッといらっしゃるわけではないんだけれども、会話を交わすお客さんが結構いらっしゃったので、他のブースを見て回るのは、少し暇になったと思ったとき、隙を見て少しずつ、しかもザーッと速歩でという感じでした。見て来てイイヨ、店番してるから、と妻に言われて出かけても、そのうち呼び出しの電話が。ゆえにぶりくらの写真はほとんど撮れませんでした。

 それでも両隣りのブースはひっきりなしにお客さんがやってきて、並べてある生体の数がどんどん減って行きます。明らかに集まってくる人の数がうちより多いのです。特に片方のブースでは終了時間までまだ随分間があるのに、残っている生体は1個体のみ。凄過ぎます。うちの場合、店番でブースを離れにくいけれども、忙しいほど売れたのは最初の1時間ほどと最後の1時間ほどだけでした。

 それでも、多くの方と直にお会いでき、おしゃべりできたのはうれしいことでした。ブログ見ているよと言ってくださる方も多く、今までのできるだけ飼育情報を公開して行くという路線も間違っていなかったかなと改めて思いました。ニシキハコ大好きな方々とも直に知り合い、その中でも複数ペアお持ちで、繁殖も成功されている方も名乗り出てくださいました(ぜひブログか何かで公開してください!)。また、プロの漫画家さんにもお声をかけていただき、失礼ながらちょうど用紙がなく、動物販売時説明書の裏にお名前と漫画を描いていただきました。


 ニシキハコガメは売るよりも育てたいという気持ちがあったため、高めの価格設定。そして終了時間が近づいても、あえて値下げをしなかったため、安めに設定していた1匹を除いてすべて持ち帰りました。今現在移動の影響もなく、すくすくと成長しています。


 終了時間になるとみなさん意外にさっさと撤収。名札を受付に返却しただけであとは自由解散という感じ。なにかもっとあるのかと思っていましたので拍子抜けしました。


 このぶりくら出展、初めてだったので特にそうだったのでしょうが、とにかく疲れました。終了後は虚脱感が体にまとわりついている感じ。でもやはり楽しかったですよ。終わって神戸をあとにする頃には来年も来たいねと言っていますもん。



コメント

非公開コメント

お疲れ様でした。(*^_^*)

いきなり単独で出品なんて凄いなーと思ってましたが

それはそれで大変なんですね(^_^;)

まー私は 出店したとしてもそんなに生体の量が多くないのでチームを組んでの出店になると思いますが(^_^;)

イロイロ勉強になりました。 ありがとうございます。(*^_^*)

Re:

vivicさん、

ありがとうございます。

いろいろ情報集めて準備はしていたんですけど、
新幹線なんで持って行くのにも限度があって大変でした。
次回は教訓を生かせると思います。
また来年も出てみたいですね。

お役に立ててうれしいです。