カブト○○○○ニオイガメ

 うちの池にはカブトニオイガメの自家繁殖個体がいます。性別は♀。

 父カメは巨大カブトニオイCB(現在はその大きさゆえに単独飼育中)。母カメは数年前に死亡してしまったため、私自身は最近カブトニオイの繁殖をしていませんでした。その二親の間に生まれたこのカブトニオイガメ自家繁殖個体、昨年から産卵し始めたのですが当然無精卵。しかし、今年は総産卵数の半分がなぜか白濁。 はて? ハハーンなるほど。昨秋タブから移動させた同じニオイガメ属の♂がかかってしまったようです。


 それがついに孵りました。
P9031538.jpg
P9031542.jpg

 甲羅のとがり具合はカブトニオイガメ。

 でも首には明瞭な筋模様が。

 そしてよく見ると、腹甲には小さな喉甲板が見えます。これはカブトニオイガメにだけはありません。でも腹甲の色は薄いオレンジ。某種の幼体のあの鮮やかなオレンジよりもかなり鈍い色です。しかも黒いしみのような模様が付いています。

 育った後の大きさはどうなるんだろう?最大か、「ヒメ」サイズか、それとも、中をとる?




 これって嫌いな人は徹底的に嫌いなんだろうなあ。繁殖に供さないペットとして飼育する分には面白いかも。









コメント

非公開コメント