ニシキハコガメ・スジコCの今年初抱卵

 ニシキハコガメ・スジコCの抱卵を、やっと、やっと、やっと確認できました。

DSC08136.jpg

DSC08138.jpg
 

 もちろん今年も抱卵してくれたという喜びはありますが、自分の中で大きいのは安堵感でしょうか。

 昨年11月に取り込んで以来、温室で飼育していました。あれから2カ月くらい経つでしょう。正直言って、長かったデス。この期間が長引くほど、今年は大丈夫だろうか、とか、ダメかもしれない、とか、そんなマイナス思考が出てきます。もともとあんまり悩まない性質(たち)なのですが、それでも少しずつ焦燥感がつのってきます。

 まだ指に少し触れる程度ですので、実際に産むのは来月初旬くらいではないかと予想しています。ただニシキハコガメは一癖二癖あるので、今後何が起こるかわかりません。まだ産んですらいないため“捕らぬ狸の皮算用”にならないようにしたいとは思うのですが、敢えて言うなら、下のような仔を再び得たい、という気持ちだけはあります。
DSC08036a.jpg
(がぢゅ丸ニシキハコ。画像使わせてもらいます。感謝)


 最近真夏の猛暑でせっかく産んだ卵がダメになることが多いので(この傾向は今後も変わらないと思われるので)、KOBUさんとこで記事にされていた「クールインキュベータ」を購入することも検討中です。(ガイガーカウンターも本当は欲しいんだけど。) 動物取扱業の今後の行方も見ながら考えたいと思います。






コメント

非公開コメント

No title

ペルチェは 昔は相当高かったイメージがありますが いつのまにか 安くなった気が居ます。 ペルチェだけでも15~20万て言ってませんでしたっけ(((^^;)ウル覚えですが

ま~それでも 私が手を出せる金額ではありませんが
必要もないんですけどね(((^^;)

それが 孵化機に転用できるとは思ってもいませんでした。(((^^;)

法案通っても 資格持っているもの同士は 通販できそうなので 人気種のニシキハコを持っているkasimiroさんでしたら 持っていても問題ないのでは???

Re:

ペルチェ方式って昔は高かったんですね。今回そんな仕組みがあることを初めて知りました。
孵卵器買うためにニシキハコには頑張ってもらわねば。