種子島産ニホンイシガメ2011CB

 日射しが暖かい中、種子島産ニホンイシガメ2011CBを久しぶりに日光浴させました。たぶん♀になると思われますが、彼女らも電球型の紫外線灯があるとはいえホンモノの日光を欲していたようです。
 この幼体たちは、ブロック穴に産む若い♀の仔ではなく、なかなか人慣れしない年長♀の仔たちです。2匹で上になったり下になったりわざわざ重なって日光浴をしていました。非常に微笑ましい光景でした。
DSC07564.jpg

 今年は冬眠させず、温室内で飼育しています。そして仔が取れたらいつも対処に苦労する皮膚病と尾切れが今年は今のところ出ていません。まあ油断はできませんが。

DSC07535.jpg

 池の親個体たちは最低気温が5℃を切ることのある今でも、昼間は日光浴をしています。

コメント

非公開コメント

No title

イシガメの皮膚病で 庭飼いですと なりにくいじゃないですか

私は やっぱ乾燥不足なんじゃないかーと考えてます。

土の上だと カメの水気を取るし 風が吹けば皮膚の乾燥も促されます。

屋内飼いだと 風はないし 陸地も綺麗には水が切れないだからなるんじゃないかなーと思ってます。

現に陸ガメの用な飼育スタイルで飼えば大丈夫みたいですし

陸場も 私が使うようなパンチング塩ビか キボシ男爵とこのような陶器にし 送風してあげれ結構違うんじゃないかなっと考えてます。

ま~うちでは今年イシガメのベビーが誕生しなかったので テストする術はありませんが(((^^;)

Re:

ごもっともです。いっそ水場を少なくして、リクガメ的な飼育したらいいかもしれません。
今屋外飼育では、池に入れていない球磨川産がまさにそんな飼い方。全然問題ないです。
でも大概小さな水場に入っていますけどね。

この温室飼いのイシガメ幼体も今はどちらかというと陸場を広くとっています。
いつかはパーム土か黒土で飼育してみるのもありかなと思ったりもします。

来年あたりvivicさんも球磨川産個体を使って狙えるんじゃ?

No title

うちの球磨川産は・・・・。 オス達がちっこいので 来年は厳しそうです。(((^^;) 運がよければ再来年に期待してます。(*^.^*)

持ち腹ならば 産んでくれるかもしれませんが(*^.^*)それにかけてます。 来年はですね(*^.^*)

Re:

甲長が17,18あれば来年持ち腹で産卵するかもですね。期待しましょ。