2011年ニシキハコガメの繁殖総括

 現在我が家にいるニシキハコガメ2011CBは全部で4匹です。うち2匹は来春以降譲るとして、残す予定なのがこの個体たち。

DSC07300.jpg

 どちらもいわゆる孫世代。私にとっては喜ばしい記念に残る個体たちです。

 (右)が2006CBスジコEの仔で、(左)が同スジコFの仔。(右)の個体は孵化した時から模様がくっきりはっきりしており、(左)は成長線の部分に黄色い放射模様が広く出始めています。今後どんなふうに成長するでしょうか。


 そして、(右)の個体には、上から見たときに頭部に若干の模様が出ています。大抵の個体は模様がないような気がしますが、これは親個体にも祖父母にもなかった特徴です。
DSC07314.jpg

 今年のニシキハコガメの繁殖はこの孫世代を得られたという点で成功でした。ただ、5匹の♀個体たちが産卵したにもかかわらず、すべて1クラッチのみで、2クラッチ以降が今年は全くありませんでした。

 スジコE 3個 → 2個孵化
 スジコB 1個 → 1個孵化
 スジコC 3個 → 2個孵化
 スジコF 4個 → 4個孵化
 スジコD 2個 → すべて無精卵

 合計13個産卵して、うち孵化したのは9個、さらにそのうち3個体が死亡して、結局残ったのは6匹。すでに2匹が新しい飼い主さんのところに行ってしまったので、残るは4匹、というわけです。

 飼育下で孵化しさらに生存するこの割合が高いとはどうしても思えず、さらにどの♀個体も1クラッチしか産まなかったことからすると、ニシキハコガメの繁殖は気難しい面があり、なかなか思うようにいかないなあと思ってしまうのです。

 ※ ちなみに昨年の記録を見ると3匹の♀親が21個産卵、生存した個体は8個体でした。



 それでもよしとすべきなんでしょうね。

 いや、もっと工夫すべきことがあるはずですね。

コメント

非公開コメント