2010CBの性別

 「ぶりくら市2011」、大盛況のうちに終わったようですね。この類のイベント、毎年のことながら比較的近場の九レプを見に行く以外とんと縁がありません。いつかは行ってみたいし、出品してみたい、と思うのですが、近い将来の動愛法の改正でどうなるんでしょう。


 さて、2010CBの中で唯一手元に残している個体(スジコC×スジオB)です。甲長80mm、体重118g。ゆるりと成長させています。
DSC06817.jpg

 この個体、当初マイコレ予定の個体ではありませんでした。実は第一のマイコレ候補個体が別にいて、それを残すつもりでした。しかし、私の自宅までわざわざ購入に来られた方がいらっしゃり、その方に販売する際に、なぜか当日になって販売候補個体の中にそのマイコレ候補を混ぜてお見せしてしまいました。そしたらものの見事に抜かれてしまいました。

 まあ多少目立つ個体でしたし抜かれるのは当然かとも思います。また、わざわざ遠くから来てくださるのに出し渋るのもどうかとも思いましたし、マイコレ候補が抜かれるかどうかも試したい気持ちもあった気がします。つまり自分の中では抜かれた時はそれはそれで仕方ないし、抜かれなければそのまま育てようと思っていたんです。

 しかし、いざ抜かれてその成長具合を見ると、惜しかったかなぁなんて今でも考えることがあります。なぜってニシキハコガメがばんばん増えるんなら、これからもすばらしい放射模様の個体に出会うチャンスは多くあると思うんですが、結構増やすのが難しい気がするからです。
 ミツユビ・トウブなどのアメハコは飼育したことがないので分からないんですが、これだけ世にたくさん幼体が出てきているのを見ると、ニシキほど難しくなさそうだし、種違いも甚だしいんですがセマルなんて放っておいても繁殖しますから。ニシキハコガメは今のところそんなわけにはいきません。私の技術がないだけかもしれませんけど。


 その抜かれた個体は手厚い世話を受け、どんどん大きくなり、最近♂だと判明しました。で、残ったこの個体はたぶん♀。
DSC06814.jpg

 実はこのときのニシキハコガメ・スジコCは1クラッチ目を12月に産卵しました。その卵をおよそ27℃設定で保温しました。孵化に要した日数も若干長め。そしてこの画像の仔は、改めて調べ直してみると3クラッチ目で、温度を上げています。

 そうしたのは温度依存性決定(temperature-dependent sex-determination, TSD)を実際に確かめるため。その答えが少しずつ出つつあるのかなと感じています。(まあ、ものの本に書いてある通りなんですけど)

コメント

非公開コメント

No title

ほんとに良い個体ですよ~
綺麗なお嫁さん探しに苦労してます(汗)
kasimiroさんとこの今年生まれのニシキさんで
別血統の良い子がいれば・・・

自分もお伺いした時に、なぜ2匹選ばなかったんだろうって、たまに後悔してます・・・
ちなみに本日測定の結果、とうとう10㎝に到達しました。
ぶりくら楽しかったですよ~
是非行きましょう!!
車はやめといたほうがいいですよ~(笑)

Re:

がぢゅ丸さん、

その節はお買い上げありがとうございました。
こんもり盛りあがった背甲に放射模様が多数出てやはり見応えがありますね。

ぶりくら、今後も開催されるならぜひ行ってみたいです。
動愛法改正で移動販売禁止や通販禁止になったら、うちも含めてどうなることやら。

それにしてもはるばるぶりくらに朝から行かれたのに、お嫁さん候補はナシ?

No title

お嫁さん候補探し・・・
正確には、kazuさんのブースでスグに売れちゃって、あたふたしているうちに、ほかのブースの個体もいなくなっちゃったんです・・・(涙)
kasimiroさんのおっしゃるとおり、ニシキさんはなかなか増えないみたいですね。
会場でもあまり見かけませんでした・・・
ゆっくり決めたかったんで、良い個体は早々に売約済みで・・・(涙)

動愛法改正ほんとに気になりますね(汗)
移動販売も通販も禁止になると、地方に住む人は購入する側も大変な事になりますよ~(涙)

ニシキさんならkasimiroさんのお宅まで伺えば大丈夫ですね(笑)

Re:

ぶりくらでは、そんなに早くニシキいなくなったんですね。
種親の数が少ないのもあるんでしょうが、ニシキのベビーはそんなまで多く見かけないですよね。
うちも途切れないよう頑張ります。