あっぱれ!卵詰まりの手術を克服!




 ニシキハコガメ・スジコBのお腹の中に卵を確認して数日、今回は抱卵個数が少ないことは分かっていました。


 朝8時45分、スジコBは全身を土の中に入れて産卵行動の真っ最中でした。
DSC05081a.jpg

 1時間後、少し体が地表面から出てきています。埋め戻し作業中。
DSC05087a.jpg

 11時、もう完全に地表に出て後足で埋め戻しの最終仕上げ。
DSC05100a.jpg

 こんなにやってても産卵していないことが昨年もありました。ただ今回は完全に埋め戻していることが希望を持たせます。




 正午、完全に埋め戻し作業が終わって、スジコBがその場を離れたことを確認。スジコBを触診するも腹腔内に固いものを確認できません。産卵した可能性大です。
 期待に胸を膨らませながら土を掘ります。が、飼育箱の底に達しても卵は出てきません。やはりまだ腹腔内に貯留しているかと思い直した矢先、底から少しだけずれた所にやっと卵を見つけ出しました。
DSC05123a.jpg


 もう最高の喜びです。だって再抱卵したらまた卵詰まりをする恐れがあると考えていた個体なのです。開腹手術で生殖器官にメスを入れている個体ですよ。そういうものが癒着していたり閉塞していたりしかねないじゃないですか。その個体が開腹手術を克服して、再び産卵するに至ったのですから。あっぱれ! そして手術の腕前にあっぱれ!
DSC05129a.jpg
DSC05130a.jpg



 2006CBが産んだ卵と並べて。大きさが随分違います。
DSC05135a.jpg

 ●長径44.9×短径23.8(mm)。



コメント

非公開コメント

おお すごい(*≧∀≦*)

わたしゃ こん子は やるときはやる子だと おもっとったバイ(~▽~@)♪♪♪

よくやった(*≧∀≦*)

先生もすごい(*≧∀≦*)

しかしやっぱ いい卵を 産める分 卵が詰まる危険性があるってことでしょうか(((^_^;)

スジコBさんの無事産卵、とにかく良かったです。

カメの習性的に抱卵は免れないの思っていました。(今季の交尾の有無に限らず)

でも今回は、ちっちゃい卵を産卵ってことで、スジコBさんの生命力?ってか、kasimiroさんの願力が伝わったのかも…と、

あとは、無事に孵化することを願っています。

vivicさん、

スジコBにはほんとによくやったと言いたいですね。
先生の手術も素晴らしかったと思います。
詰まるかどうかはその個体の状態かなという気がします。今のスジコBが調子が良いです。
詰まった時は調子の下降など不安な材料が事前に見えていました。


ぽんたさん、

生物の本能は殖えよ殖えよという方向に働くようで抱卵は避けられなかったかと。
今回の卵は残念ながら無精卵のようです。詰まらないだけ良かったと思っています。
お気遣いありがとうございます。

こんばんは。書き込みさせていただくのは初めてです。いつも拝見させていただいていました。ニシキハコガメの産卵の様子、たいへん参考になります。

手術の様子を拝見していて、無事助かっただけでも感動したのに、その子がまたちゃんと産卵したとは。ほっとしました。おめでとうごあいます。

井戸掘りの記事も楽しみに読ませていただいていました。その後どうなりましたか?

Kazさん、こんにちは。
いつも見ていてくださったんですね。ありがとうございます。
おかげさまで無事に産みました。こんなことってあるんですね。
数が少なそうだったので産めばいいなあとは思っていましたが、閉塞とかなかったみたいです。

井戸掘りは先週までは雨続きで進んでいませんでした。
しかし、昨日から台風一過の青空の下、ポンプの設置に励んでいます。
そのうちアップします。

今後とも宜しくお願いいたします。