打ち抜き井戸掘り-その5- だんだん掘れなくなる

 毎日わずかな時間を見出して打ち抜き井戸を掘っていますが、最初の頃は1,2時間で2mとか掘っていたのに、最近はだんだん掘れなくなりました。
  
DSC04796a.jpg

 一日の作業の初めにまずすることは「井戸掘り器」で前日の作業以後沈殿している砂を取り除くこと。井戸掘り器が砂の中に沈んでいく(井戸掘り器の中に砂が取り込まれていく)感覚が、長い柄を通してびんびん伝わってっくるので、一番ワクワクする瞬間です。これを私の場合二、三度繰り返します。最初は井戸掘り器の中からボトボト砂が出てきますが、二度目になると激減、三度目はほんの少しだけ出てくるという感じです。井戸枠(75mm)よりも井戸掘り器の径(50mm)が少し小さいくらいなので、こんなものなのでしょう。
 そして、その後金属パイプで穴底を崩し、井戸掘り器を使って砂を地上に出すという作業を繰り返します。
 最後に井戸枠を沈ませます。今日はこの重しの上から体重をかけてやっと10cmほどスッと沈みました。この間の作業時間約1時間。

 師匠のアドバイスによれば、井戸枠の地下水吸い込み穴(1.5mm)が砂の層に達するくらい下げられれば良いと。もう少し掘りたい気持ちもありますが、ここらで終了してポンプを設置してみようかと思います。水量も2m以上ありますし。設置後水が出ない時とか水質が良くない時とかは再度掘り続けられるようですし。

 ポンプねえ。停電時に使うためには手動式か? 電源は穴の近くに確保できるようにしてあるので電動式か? 井戸枠パイプの終端処理も待っている。

コメント

非公開コメント

深いですね~~(^_^;)

そろそろ 終点ですか(*^_^*)

やっぱ 手動式がいいのでは(*^_^*) 風情があっていいと思います。

秘密基地にですか~~(^_^;)

仕切りのブロックと工場の壁との間を 2m位開け池を設置しようと思ってますから

井戸は掘ってもらおうと思ってます。(*^_^*) うちは 埋立地ですので 20mは掘らないとだめよと言われましたので 自分でするのは諦めてます。(^_^;)

ですが この掘る奴はいいですね(*^_^*)
ブルファンの池を埋め込むときに 掘らないといけないので これは 真似して作ろうと思ってます。(*^_^*)

手動式を最初は付けて、あとで可能なら電動式と併用したいなあと。
地下水が20mも下ってのは自力では無理ですね。
掘ってもらうとなると1m1万って聞いたことがあるので、材料とか手間賃とか入れたら結構なりますね。

併用なんてできるんですねー(*^^*)

仕組みをいまいち理解してたいものでどうなってんだろ(((^_^;)

結構かかるんですね~(;´д`)

しょうがないか(´;ω;`)

元々海だったとこだから 浅いとこの水は出ても使えないって言われました。(--;)

師匠の本を見たら、併用している方の例が載っていました。
方法は調べてみないと分かりません。