スジクビヒメニオイガメの後頭部のしこり

 後頭部が盛り上がって一時期喜んでいたスジクビヒメニオイガメの♂。その記事のコメント欄でも書いていますが、喜んでいいどころかやはり皮下に膿腫が溜まっていました。
 それが2ヶ月ほどかかって皮膚の表面まで上がってきました。このため自然に皮膚が破れ白い膿腫が排出されそうになっていたので、手っ取り早く人の手で取り出しました。

 取り出す前の画像があったら良かったのですが、すっかり撮影するのを忘れてました。しかし、膿腫を取り出してからあまりの大きさにびっくりし、デジカメを準備する始末。
DSC04077a.jpg

 頭部にこんなにでっかい穴が空いちゃって。
DSC04078a.jpg

 気づいた当初は皮膚の上から触れるとぶよぶよした感じだったのですが、現在膿は完全に固くなっています。15ミリを越え、しかも高さもあります。こんなのが後頭部に入っているとは・・・。脳が出てきたと錯覚しそう。案外本物の脳はもっと小さかったりして。しかし、膿と脳、似ている・・・。
DSC04083a.jpg

 足の付け根から出てきたり、首から出てきたり、後頭部から出てきたり・・・次はどこ? もうこれで終わりにして欲しい。

コメント

非公開コメント