♀たちを温室に取り込む

DSC04019aa.jpg


 ♀のうち最後まで冬眠していたニシキハコガメ2006CB個体Bが本日やっと冬眠明けしました。飲水させていない冬眠明け直後の体重で394g、もはや堂々たる体格です。

 ♀個体はスジコBを除いて、早めに抱卵させるべく屋内温室に取り込みました。ご覧のように2006CBの体格は、すでに産卵経験有りの雌たちよりも良いものです。




 冬眠中断のスジコDは今は元気になりましたが、抱卵の兆候は全くなくあまり期待できそうにありません。

 これまで2年連続で繁殖したスジコCには期待しています。といっても今年はスジコBが全く望めないので、このスジコCしか期待できません。ただいつも掛けているスジオBがまだ冬眠から覚めていません。まだ寝ているのはこの♂個体のみになりました。昨年発生停止卵が出てきたので、機会を見つけて確実に掛けておきたいところです。
 一方で、スジコCと、スジオBより模様が綺麗なスジオCとの交配も視野に入れています。

 2006CBにも、可能なら♂を掛けてみようと思っています。お相手予定は今回初起用のスジオC。熟練のスジオAはすこぶる元気で良い仕事をしてくれて安心なのですが、この仔たちの父親なので使えないし、スジオCに頑張ってもらわねば。ただ、まだ5年弱のニシキハコガメが繁殖可能なのかどうかさえ分かりません。

 いよいよ忙しくて楽しい季節が巡ってきます。

コメント

非公開コメント