カメプラモ バイオマスプラスティック「梅プラくん」

 今日お昼近く、西の空に見慣れない奇妙な雲がありました。右の飛行機雲は分かりますが、整った帯状の雲は何なのでしょう。形が不揃いなら気にもならないんでしょうが、定規で引いたかのように縁が真っ直ぐ。しかも西の空の一か所から放射状に出ているように見えます。最近気象にも興味があって、その種の本も読んだりしていますが、結構難しい。
DSC03176.jpg



 さて、今日夕刊にこんな内容の記事が載っていました。

 『梅の生産量日本一を誇る和歌山県にあるマネキン製造会社「ヤマトクリエーション和歌山」が、梅の種からプラスチックをつくり出すことに成功し、4月からプラモデルとして売り出す』。 「梅プラくん」と名付け、亀とクワガタの2種類があるそうです。

梅プラ
(exciteニュースより転載)

 カメのプラモなんてなかなかないですよね。しかも画像で見る限り結構リアルにできている感じ。



 検索してみると「梅プラくん」をすでに入手して試し組みした方のblogがありました。↓

http://www.wakayamashimpo.co.jp/staffblog/2010/12/201012279227.html


 上記の記事によるとどうやらクサガメのようです。4月以降どなたか買って作ってみませんか?

コメント

非公開コメント

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものではないでしょうか。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

MR.Tさま、
「ケムトレイル」ということば、初めて知りました。
検索にかけて関連情報を少し調べてみました。
日本でこれからどう取り上げられるか(はたまた取り上げられないのか)動向を見守っていきたいと思います。
世の中分からないことがたくさんあります。
いろいろな情報の真偽を自分で正しく判断して行動することが求められていますね。

MR.Tさま、
長文のコメントありがとうございます。拝見いたしました。
おっしゃる意見は聞いたことがあり、なるほどと思える部分もあります。
ただ内容的にこのブログに直接関係するものではなく、論争を引き起こしかねない要素がありますので、
申し訳ありませんが、貴方のコメントの公開はこの場では差し控えたいと思います。

暴き系なら、それらよりもっとスケールのでかい巧妙なものがありますよ。