補充

 屋外池ではカメだけが住人ではありません。ボウフラ対策、餌の食べ残し対策などのため、採集してきたメダカや鯉、タナゴ、生き残った餌金などが入っています。鯉や餌金は、もうカメの餌を横取りするほどの大きさに成長してしまいました。メダカに至っては池の中で繁殖しています。

 通常はそれらの魚たちはカメよりも機敏に動けるため、捕食されることは稀です。しかし、元気のない個体は捕食されて、だんだん数が減ってきます。メダカは外から別の血を入れたほうが繁殖率がいいような気がします。そのために、時折補充する必要が生じてきます。

 今回は用水路で採集した魚をいただく機会がありました。
101030a1.jpg

 主にメダカとタナゴで、鮒?が数匹混じっています。エビも数匹。

 中には1匹だけこんな魚も。名前が分かりません。
101030aa.jpg

 川で網を持って魚捕りするのは童心に帰ったようで大好きです。しかし、大のおとなが独りで網を持ってうろうろするのは、他人の目が気になって躊躇してしまいます。こんなとき子どもが一緒にいると自然で、子どもを楽しませながら実は大人の方が夢中になって楽しんでいるってことがあるんですが。うちにはそんな年齢の子がいないので、なかなか網を持って独り魚捕りに行く勇気がありません。今回はもらえて良かった。(けれど本音は魚捕りもしたい)

コメント

非公開コメント

クチボソじゃないでしょうか?

Re: なるほど

クチボソ(モツゴ)といい、北海道から琉球列島まで日本全国に分布する、ポピュラーな小魚とありました。知らなかった。教えてくださり感謝します。