ついに摘出卵の孵化始まる

100923da.jpg
(卵殻を裂いて顔を出した幼体。鼻先にある尖った三角形のものは、卵を割るための鋭い卵嘴)


 9月23日(秋分の日)、待ちに待ったその日が来ました。ニシキハコガメ・スジコBの卵詰まりの手術で、無事に摘出していただいた卵が孵化し始めました。
 過去のデータでは約50日で孵化していたので、8月6日の手術日から数えて今週末あたりの孵化を予想していました。今回は48日目にして孵化が始まったことになります。



≪午前8時過ぎ≫。
100923ba.jpg
 左の卵の孵化が始まっていました。右前足が見えます。昨日はパンパンに膨らんでいたのですが、割れて随分スリムになりました。右のもう1個の卵はほとんど変わらず。



≪午後5時過ぎ≫
100923ca.jpg
 右の卵は殻の表面に水滴が現れ、ジワリと“”をかき始めています(上の画像と比較してみてください)。


≪午後9時過ぎ≫
100923ea.jpg
 ついにもう1個の卵も孵化し始めました。裂け目からみた感じだと、卵黄がまだまだかなり残っているようです。足を動かすので生きています。最近の検卵では成長不良・発生停止を疑っていたので、ともかく生きていてホッとしました。

≪続く≫


コメント

非公開コメント