2009CB 個体A 成長記録(2010年8月)

 
 猛暑をものともせず底なしの食欲を見せているニシキハコガメ・スジコBの初仔(2009年生まれ)。3か月ぶりに計測したらやはり大きくなっていました。

100901a_20111014171626.jpg
100901aa.jpg


2010 8/31時点 甲長8.9cm、体重189g 
    5/19時点 甲長7.9cm、体重125g
    2/19時点 甲長7.4cm、体重94g(1歳)
2009 12/31時点 甲長7.4cm、体重99g
    11/4時点 甲長7.1cm、体重89g
    8/17時点 甲長6.3cm、体重53g
    7/18時点 甲長5.7cm、体重37g
    6/17時点 甲長5.3cm、体重33g
    5/17時点 甲長5.0cm、体重29g
    4/13時点 甲長4.6cm、体重20g
    3/24時点 甲長4.3cm
    2/22孵化

※上記データの甲長は背甲の長さです。ノギスで計測しています。腹甲の若干のでっぱりも入れるともっと大きくなります。ちなみにこちらは前回の記録


 土に潜らせて飼うようになって甲羅の形が良くなってきました。やはり幼体時の水場多めの飼育は、この種には不向きだと思います。実際今いる2010CB、ヤシガラ土に潜らせて飼育していますが、噛み合いもなく、甲羅の形も綺麗です。




 スジコBとその2009CB、2010CB。
100901ba.jpg

 スジコBも手術後しばらくして普通に土の上で飼育するようになりました。こちらも食欲旺盛です。(動物病院の先生もここを見ておられると思いますので、この場で改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。本当に元気になりました。)

 そのスジコBの仔たち。もともと大きな卵で産まれ、図体も大きく生まれてくるためか、成長が早いし、餌食いも底なしの感があります。

コメント

非公開コメント