スジコD、お前もか?

 スジコD、お前もか? 2匹連続の卵詰まりの可能性も疑い、不安いっぱいの飼い主。8月12日に産む産む詐欺をしていたニシキハコガメ・スジコD。このお盆の期間、仕事が休みだったのに重苦しい日々を過ごしました。

 あれから数日が経った16日朝、スジコDは土に潜っていました。たいてい夜のうちにこの光景は見るのですが、今回は朝。
100816ba.jpg
 スジコBも掘ったことがない、飼育場の真ん中寄り付近。たいがいどのニシキハコガメも飼育場の端寄りを掘って産卵します。どのカメもそうでしょうが、以前だれも掘ったことがない場所を好む傾向もあります。今回はその点では未掘の場所ゆえ有望かも。

 それにしても地表に出てきません。昼間はずっとこんな状態でした。

 日が暮れてもこのまんま。

 そして夜も深まった頃飼育場を見ると、スジコDは地表に出ていました。

 持ち上げてみると若干軽くなったような。このままでは後足の付け根を触らせてくれないので、飲水も兼ねて水浴させることにしました。そうすると甲羅に閉じこもっていられないので、たいがい触らせてくれます。すると飲むは飲むは、数分間水を飲み続けました。
 十分飲ませた後足の付け根を探ってみると、果たして卵は体内からなくなっていました。産んだ!
100817a1.jpg

 それから家族の助けも借りて、懐中電灯で照らしながら夜の卵掘りです。すると飼育場の底付近、最深部から3個の卵を回収できました。甲長の2倍はあるかのような深さの所に産卵します。こんなに深く埋めるのは何故?孵化した仔ガメがはい出してくるのがかなり大変なのではと思うのですが。
100817aa.jpg

 掘り出した卵はいつものように凹んでいます。全く凹んでいなかったスジコBの摘出卵を触っていたからか、今回は特に卵殻が柔らかいように感じました。大きさとしてはスジコBの卵とあまり変わらないかも。
100817ba.jpg

 前回の卵は3卵中1個が孵化まで至りましたが、幼体は孵化後餌を全く摂らず死んでいきました。確実な交尾の場面も確認していませんし、今回のがどうなるか疑問もありますが、湿ったミズゴケの中に埋め込んで凹んでいる部分をふくらませる作業を開始。

 そして、今日1卵だけ白濁を確認しました。

コメント

非公開コメント