キボシイシガメ3匹目の産卵

 昨日6月30日朝、キボシイシガメの3匹目の抱卵♀の体重を量ると、一挙に10gほど減少していました。はい、確実に産卵しました。早速陸場を適当に掘り始めると、すぐに出てきました。今回は3個。

 しかし、掘り出してみて何か様子が変であることに気づきました。何がかって、何時間か前に産んだはずなのに、もう白濁して、かなり広がっているのです。下の段の3個がそう。しかも白濁が斑っぽい。最初は殻の厚さが均一でなくこう見えるのかと思いましたが、そうではない様子。戸惑いながらも孵卵器へ。30℃で保温しています。それにしても、自分があんなに毎朝確認していたのに、数日前気づかないうちに産んでしまったのか・・・でも何か納得いかない・・・。
100630d1a.jpg


 そして今日、どうしても腑に落ちないので、昨日回収した卵をキャンドリングしてみました。
100701b1a.jpg
 するとなんともう血管も見える胚が発生していました。つまり、回収した卵は昨日産んだものではない、3匹目の♀が産んだものでもないと判明。

 それから急きょ陸場を掘ってみると、果たして別所から卵が姿を現しました。しかも白濁が始まって間もない卵。
100701a1.jpg

 夜には今日回収した2個も順調に白濁が広がっていました。

 では、昨日掘り上げたキボシイシガメの卵は誰の? 最初に産んだキボシイシガメ2クラッチ目? そういえば1クラッチ目が6月5日だから、すでに3週間以上経っているので十分あり得るでしょう。実際に抱卵していたのに、確認するともう分からなくなっていました。1個体ばかりに集中し過ぎて、他の♀個体のことをよく見ていなかったようです。


 キボシイシガメの幼体に魅せられて、この冬導入した成体♀3+♂1。早速きっちり仕事をしてくれました。
 成体たちも人懐っこくて、このかわいさにハマってしまうのは納得。黒地に黄星という綺麗な模様といい性質といい最良のペットガメのひとつと言えるでしょう。おまけに繁殖がとても容易。誰にでも受け入れ入れられる要素を兼ね備えたカメですね。ごく少数の人しか好きでないようなニシキハコガメとはまた違った感じ。
 また、飼育する場合の雌雄の比に注意するようにとクリーパーにもありましたが、♂の様子見ていたら何となくわかります。3:1というのはなかなかいいのかもと思います。

コメント

非公開コメント

Re: カメさん

初めまして。コメントありがとうございます。
お隣の県にお住まいで、繁殖を目指しておられるとのこと。
来年こそは気候が安定し(ますます無理でしょうね)、たくさんの種類を増やしたいものです。
今後とも宜しくお願いします。