幼体の飼育- 1年経ってみて

 2010年2月22日で1歳になるニシキハコガメ。

 久しぶりの幼体の飼育ということで、まだ手探りの飼育が続いています。

 この冬は温室の飼育スペースの都合で単独飼育をやめ、フロリダハコと同居していました。しかも、これまで同様水場を大きくとった飼育で。

 最初はこの方法でも順調でした。しかし、夏場調子がいまいちだったフロリダハコはだんだん活発に、一方のニシキハコはだんだんおとなしくなって餌食いも悪くなりました。もちろんいろんな要因が関係しているかもしれませんが、この状態を看過できません。

 それで、思い切って飼育法を切り替えて、親と同じ陸場で飼育するようにしました。すると環境が合ったのか餌食いも良くなり、調子も上がってきました。

100219.jpg

 
 この1年で、背甲長7.4cm、体重94gになりました。目標の8cmには残念ながら届きませんでした(腹甲も含めた甲羅全体だと8.2cmに)。これまでのところ自分の印象では“甲低ぎみ”に育ちましたが、今後の成長段階で改善されることを期待しています。


 親であるスジコBと一緒の飼育。配合飼料も食べます。
100217a.jpg

 
 2009CBの成長ぶりを見て、本来草原などにいる乾燥系といわれるニシキハコガメを、幼体の間だけでも他のアメハコ同様水場メインで飼育するのは果たしていいことなのか考え始めています

 また、噛み合いを防ぐため個別管理もしてきましたが、飼育頭数が増えると正直だんだん面倒になってきました。

 それでこの2010年は、幼体をケガなく一緒に飼育できて、しかも容姿・状態とも良いものに保つことのできる飼育方法を考えて試してみたいと思います。

コメント

非公開コメント

うーん、ニシキに限らずベビーの多頭飼育では我が家でも最重要課題(永遠の課題??)です。なかなか全部が無傷ってわけにはいきません・・。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

Kazuさんでも最重要・しかも永遠の課題ですか・・・・

ニシキハコを飼育して思うのは、
傷が残っても生きていればまだいいのですが、
致命傷になることがあるので恐ろしいです。

頑張ります。

同じ悩み

私も同じ悩みです~。
爪がとんじゃいます。
※3月、熊本行きます。

Re: 同じ悩み

> 私も同じ悩みです~。
> 爪がとんじゃいます。

どこも同じなんですね・・・ほんとに永遠の課題ですね・・・


> ※3月、熊本行きます。

あちこち飛び回って忙しくしておられますね。
もう何年前になるでしょうか、我が家にも立ち寄ってくださりありがとうございました。
桜の時期とうまく重なったら、新しくなった熊本城なんかいいですよ。