ニシキハコガメ・スジコBの卵詰まり?

 2010年1月1日 満月しかも部分月食。 元旦が満月で、しかも月食が見られるという確率ってどれくらいなのでしょう? かなりかなり稀なことだ思うのですが。その出来事を寒さに震えながら観察しました。
100103.jpg

 そして満月といえば、ニシキハコガメに関して期待していた出来事が起きました。

100103a.jpg

 熊本は阿蘇の世界一のカルデラが有名なのですが、我が家のニシキハコガメの産卵箱の中でも“カルデラ”ができていました。1月1日午後10時頃のことです。スジコBはこの“カルデラ”の真下に潜っています。そしていよいよ始まります



 午後11時半過ぎ、産卵箱から音が聞こえます。そこには後足で器用に穴を掘っているスジコBがいました。観察者の側に背を向けているので、産卵を観察する絶好の機会と思い、スジコBには申し訳ありませんが蛍光灯を点けることにしました。最初こそスジコBは突然の観察者の存在に動きを止めることがありましたが、始まってしまった穴掘りを続けます。その巧みな足さばき。片方の後足を穴に突っ込んでぐるりとかき回すようにして動かすと、次に足裏に土を乗せてかき出します。掘り出した土を踏み固めるようにした後、今度はもう片方の後足を突っ込んで同じ動作を繰り返します。これを延々と続けるのです。
100103aa.jpg
100103aaa.jpg

 穴掘りは1時間半ほど続きました。その間観察者はデジカメを手元に準備して今か今かとその“瞬間”を待ちます。

 しかし、やがて穴の周囲に積んでいた土が少しずつ崩れ始め、それに伴いスジコBは穴の中で向きを少しずつ変えるようになりました。9時の位置、そして観察者と向かい合う形の6時の位置、そして最終的に四分の三周ほど動いた3時の位置まで穴の中で移動しました。ついに穴掘りをやめじっとしているスジコB。いよいよ待ちに待った産卵が始まるかと思いましたが、いっこうに卵が総排泄孔から出てきません。さすがにここまで来ると心配も極限まで達し、観察を中止し、あとは自然に産卵してくれることを願いながら、やむを得ず消灯しました。



 翌1月2日早朝、祈るような気持ちでスジコBの様子を見に行きました。

 スジコBは自分が掘った穴の中で休んでいました。穴の底に卵があるか確認しましたが1個もなく、お腹の中を触れてみた結果、総排泄孔近くまで卵が下りてはいるものの、きちんと残っている様子が感じ取れました。

 頭の中に駆け巡る言葉は禁断の言葉、「卵詰まり」

コメント

非公開コメント