FC2ブログ

スジコスジオ SujikoSujio

ニシキハコガメ (ornate box turtle)を中心としたカメ飼育記録

冬眠前の絶食


 ぶりくらが終わり、急に寒くなりましたね。こちらとしてはとてもとてもうれしいです(謎)。


 もう本格冬眠でしょうかね。紅葉も例年よりかなり早く進んでいるようですし。※以下の画像は先週暖かかったときの様子。

≪ほとんどのセマルは姿を見せなくなってましたが、起き出してみかんを食べにくるうちの最古参のチュウゴクセマル♂≫
IMG_2251.jpg

 冬眠前の準備として、餌を断って絶食させ、お腹をスッカラカンにしたあと冬眠させる、と本やネット上で見かけます。


 実は私、冬眠前にお腹スッカラカンということに関してそんなに気を遣ったことがありません。気温がだんだん下がってくる状況だと、食べる量は随分減ってきますが、その個体が食べる分は食べさせています。もちろん日頃から毎日餌をやっているわけでもないんですけど。
 で、餌を食べさせたことがきっかけで体調を崩したという経験もしたことがありません。ニシキハコももうほとんどが潜っていますが、直前まで餌を食べてましたし。



 ≪ヒガシヘルマンリクガメも量は減っていますが、まだまだ食べてました≫
IMG_2256.jpg

 冬眠近いのに、カメって自分で食う食わないを判断できないお馬鹿さんなの? カメの身体のことなんだから、カメ任せでいいんじゃない?

 お腹の中に食物が残っていたとしても、潜ったあと幾日かかけてゆっくり消化し、寝ながら糞してるかも?

 この心の声が正しいかどうかは分かりません(笑)

 冬眠明けにきれいな糞をするのもたまにいるので、お腹の中で糞の状態にまでなってるなら問題ないのかもしれません。

 もちろんイベントなどで移動させる場合は餌を抜くようにしてます。今考えてるのは、あくまでも冬眠できる種が自然に冬眠する場合のこと。もちろん、積極的な絶食お腹スッカラカンもするのもいいのではないかと思います。

 ただ私はあまり手間をかけたくないので、カメが食ううちは餌をやり、カメが食わなくなったら餌やりをやめるという方法です。

関連記事

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント