FC2ブログ

なぜニシキハコガメの繁殖がうまくいくのか

 ※ 一見するとちょっと高慢なタイトルに見えなくもないですが、最後まで読んでいただけると違うことがわかっていただけると思います。


 8月はほんと雨が降らなくて、9月になってからまとまった雨が降っている感じがします。
P9070710.jpg

 今年はニシキハコガメの繁殖が好調でした。少産のニシキにしては多いほうの32頭孵化しました。とにかくこの種が好き!ほかのアメハコはよく分からないというほどのニシキ馬鹿道を突っ走っているのがいいのかもしれませんが(笑)、まずはコツコツとメス親を育て上げてきたことがその要因にあると思います。成体がいなけりゃ、自分で幼体から育てよ、です。この努力を馬鹿にしちゃいけません。かえって確実な道だったりします。

 成体WCの立ち上げの大変さは嫌というほど経験しました。でもよく言われることですが、CBはかなり育てやすいです。時々調子を崩す個体もいますが、早く気づいて手を打てばたいてい回復します。

P9070708.jpg

 それと、某氏に言われた言葉がとても印象的で心に残っています。熊本の気候がニシキハコに合っているんじゃないかって。

 えっ?キョトン。

 熊本って九州の中央部にありますが、九州の中でも夏はものすごく暑くて、冬はものすごく寒いところです。そういえば、熊本より南の鹿児島県人でも、熊本に越してくると、その夏の厳しさに根を上げてますね。巷では、春は短くすぐ夏になり、秋も短くすぐ冬になるとも言われています。そんな気候が?

 そんな熊本でニシキハコガメを屋外飼育していて、お陰様で10年連続でコンスタントにそして確実に繁殖できています。自分に技術があるとは思えませんので、気候説もなかなか信ぴょう性があるような。生息地の環境をあまり調べたことはないので、どれほど確かかは分かりません。でも、その巨匠も、ニシキハコはコンスタントに繁殖させづらいとおっしゃいます。

P9070714.jpg

 さあ、これから秋の交配をぼちぼち始め、冬眠に向けて体力をつけさせていきます。最上段の画像の個体も、6年目の来年には繁殖に供していけたらと思います。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)
関連記事

4 Comments

ひろ☆  

No title

お世話になります。気候があっているのかも知れませんが人一倍、ニシキ愛が強いのが1番だと思います。追い付き追い越そうとは、全く思ってませんが、少しでも近付けるように後を追います!!(笑)

2018/09/11 (Tue) 10:52 | EDIT | REPLY |   

かりん  

No title

 ご無沙汰しております。 多忙によりなかなかパソコンに向かえない日が続いております。

コンスタンスな繁殖実績 お見事と思います。

多種多様な飼育ではなく キタニシキハコガメ中心での軸がブレないところも成功の秘訣だと推察します。

以前 お分け頂いたオス個体はどうやら完全に成熟した模様です。
 
メス個体はゆっくり成長させてますので まだまだですね。

後日 現在の画像送ります。

2018/09/12 (Wed) 21:12 | REPLY |   
kasimiro

kasimiro  

Re: ひろ☆ さん、

ニシキ愛、そこに集約されますかね。

あとは任せた!

2018/09/13 (Thu) 23:40 | REPLY |   
kasimiro

kasimiro  

Re: かりん さん、

本当に本当にお久しぶりです。お元気でしたでしょうか。

軸がブレない、なるほど。
興味深いです。

ぜひぜひ成長過程を拝見したく思います。画像お待ちしています。

2018/09/13 (Thu) 23:42 | REPLY |   

Post a comment