道半ば 熊本地震 きょう2年

 最大震度7の激震が2度襲った熊本地震から丸2年経ちました。

※ 過去のことをよく忘れる自分の中では、熊本にいながらあの地震が遠く感じられます。あの恐ろしい経験は思い出すたびに二度としたくないと思いますが、自分の中で記憶が風化しかかっているようにも思います。これが他県にいらっしゃる方ならなおさらのこと。熊本地震のことなんてもうとっくに過去のこと、忘却の彼方にあったとしても責められません。
 でも、自宅にも未修復箇所がありますし、周囲にも地震の痕跡が多数残っていますし、私にも自宅再建を控えている知り合いがいます。ここはカメのブログですが、自戒の意味も込めて、地震の痕跡を載せたいと思います。




 宅近くの公共施設では、いまだに修理されずに爪痕が残っています。
IMG_0697.jpg

 日雨模様の熊本城。天守閣再建中。
IMG_0761.jpg


 以下、野焼き支援ボランティアで阿蘇に行った帰りに撮影してきたもの。昨日撮ってきたばかりです。

P4130305.jpg

 地震によって起きた大規模な山崩れ跡(長さ約700m、幅約200m)。
P4130306.jpg

 この山崩れの先にあった「阿蘇大橋」は、断層が動き、地盤がずれたことで崩落しました。



 その下流にあった長陽大橋は、橋が崩落することは無かったものの、橋台や取りつく道路が大被害を受け、地震から一年四ヶ月後の昨年8月にやっと復旧。それまで阿蘇に行くには大きく迂回させられていました。渋滞もひどかったです。イライラさせられました。

 そういえば、「渋滞に並ぶあなたも被災者」という標語が、別の迂回路に設置されてましたね。

P4130311.jpg

 崩落した阿蘇大橋、元の場所に架けることは不可能で、600m下流に架け直し工事の真っ最中。
P4130317.jpg

 長陽大橋の真下、白川と黒川の合流点。ここでも崩落が見えます。
P4130324.jpg

 南阿蘇鉄道の第一白川橋梁。水面からの高さと景観で観光名所となっていましたが、架け替えが必要か。
P4130325.jpg

 立野地区の山の斜面。
P4130329.jpg


 仮住まいは今も3万8000人。生活再建、インフラ復旧 道半ばです。