白く輝くキビナゴ

 このようなキビナゴ、なかなかお目にかかれない。目とボディーに赤い部分が皆無で、まるで白く美しく輝く宝石のようだ。とても感動した。
IMG_0108.jpg

 熊本県天草の牛深でとれたキビナゴ。朝の7時30分頃水揚げされ、11時ごろ上天草市・道の駅の店頭で見つけた。スーパーで販売されているのと全然鮮度が違うはずだ。お店の人の話によると、これがわずか一日経つと、目の周囲が赤くなり始め、体も傷んでくるとのこと。あまりの鮮度の良さに、このまままるごと生で食べるという通もいるらしい。

 水棲カメの餌によく用いるが、これをカメにやるのはもったいない。でもやったら喜ぶだろうか。今の時期、ほとんど冬眠してしまって需要がないけど。

 130円/g
関連記事

コメント

非公開コメント