物言わぬカメ

 ニシキハコガメ・スジコEが産卵後から調子が上がりません。明らかに餌食いが悪いし、目に生気があまり感じられませんでした。ジャイミルに反応せず、大好きなはずのコガネムシにも同じ。ミミズにだけは反応しますが、少ししか食べず何か食べ辛そう。ほかの個体と比べても動きが緩慢で、でもそれら以外に特に何か症状は見られません。

 スジコEの場合、例年2クラッチ目があるので、この状態のまま抱卵されては生死に関わる可能性もあると思い、動物病院へ。

P6120010.jpg

 治療後二日経って、やっとコガネムシやコオロギを追いかけて食べるようになりました。やはり体の中に何か不具合があったのか。言葉では何も語ってくれないので、観察から異状を感じ取るしかありません。目から感じる生気もだいぶ戻ってきました。もう少しか。

 今年は我が家では調子を低下させる個体がいつもより多い感じ。多くは自然回復しますが、特にメス親は命を懸けて産卵するので、早め早めに手を打たないと。

 ちなみにスジコEの卵2個のうち1個は発生停止。今年は仔が採れるかなあ。



Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

コメント

非公開コメント

回復に向かって何よりです。毎日の観察は大切ですね。朝と帰宅時には必ず見る様にしています。確かに喋れないので雰囲気と目力で調子の具合が分かる様に僕もなりました。特にメス個体は産卵もあるので体に負担も掛かり慎重な判断が必要になりますね、勉強になります。

Re: ☆ひろ☆ さん、

異変に気づけるよう観察眼養いたいですね。

うちの場合、動物病院に行くとしたら、ほとんどニシキハコばかり。
特に冬眠明けから今の時期、成体でも調子崩すことが多々あります。
様子を見すぎて手遅れになったこともあるのでご注意を。