御礼-九州レプタイルフェスタ2017-


 九州レプタイルフェスタ、無事に終わりました。お買い上げくださった方々、お相手してくださった方々、誠にありがとうございました。

P6040005.jpg

 人が多くて多くて会場は熱気ムンムン。特に自ブース前通路は他より狭かったのか身動きが取れないくらいの通行量。ひっきりなしに人が入ってくるので、今までこんなに来場者あったっけ?と思っていたら、なんと2,295人来場されたとのこと。
 開場前は準備で、開場後も接客で、結局お昼過ぎまで他のブースを見て回る時間がありませんでした。当然写真はなし。撮影禁止も多かったですね。


 やはり人気があるのはトカゲやヘビです。わかっちゃいるんですがカメは人気が今一つ。でも、その中でも、ブリーダーさんたちが自分で繁殖させて販売しておられるキボシは、そんなに安くはなかったのに、午前中のうちに完売だったようです。外国の方のまとめ買いもあったようです。
 ただ、すべてのキボシがいなくなっていたわけではなく、ブリーダーさんたちより安くても売れ残っていたキボシもいて、その違いは何だったのだろう。見比べていないのでなんとも言えません。


 今回の一番の目的は、繁殖撤退・規模縮小予定種を引き受けてくださる方を見つけることだったんですが、私が苦労して持って行った成体のカメは、残念ながら九州では新しい飼い主さんに恵まれませんでした。市価よりかなり安かったんですよ。レップアンバー店長がTwitterにアップした画像に、値段がはっきり写ってしまっていたので、もうここでも書きますが、ヒメハコヨコクビガメ♀♀♂トリオ10、オーストラリアナガクビガメ♀7でした。いずれも自宅に戻ってきてます。
 本当はスジクビヒメニオイガメ♀も持って行く予定だったんですが、抱卵しており、九レプまでに卵を産んでくれなかったのでかないませんでした。今春♂が死亡したのを機に、この種は繁殖から撤退するつもりです。ほかにも撤退縮小考慮中のカメがいます。

 最近自分が本当に好きな種は何か常に自問自答しています。体力は衰えているものの、まだマラソン走れるでしょと言われますので、大きな理由は気力的なものでしょうか。新たに繁殖に挑戦する気が起きず、増えすぎた種を絞ってシンプルになりたい。経験者からはなかなか難しいよとは言われますが、今度は本気かも。



 さて、今回個人的に印象的だった出来事は、懐かしい人に会ったこと。私の本業の過去の関係者でした。
P6040001.jpg
 もう29歳になっており、結婚して旦那さんと九レプへ。リクガメを買ったようですが、新しい命も宿しておられるよう。
 本業で300人以上いる関係者の中で、カメに興味を示しイベントに足を運んだ最初の人かもしれません。うれしいなあ。


 そういえば生体の唯一の写真がありました。店長が持ってきていた最高額の生体。
P6040006.jpg
 カメラを近づけただけで、一瞬大口を開けました。


 撤収はアンバー店長早かったですね。店長を慕うサポーターが何人かいて、イベントに来たついでに残ったものを車で持って帰ってくれる。身軽でうらやましかったですね。






 次回は10月のぶりくらに出展します。

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは、お疲れ様です。
昨日は、お世話になりました。
ありがとうございました。
人、人、人で、すごいことに、、、
亀人気が復活してくれることを!

Re: ミズジカモメ さん、

こんばんは。今年は最初からお会いしましたね。お会いできてうれしく思いました。

九レプが人、人、人。熱かったし暑かったですね。
カメはそうでもなかったけど。
亀人気が復活するかな?して欲しいなあ?若者がカギでしょう。