小さな冬眠明け

 ニシキハコガメのうち一頭が冬眠から目覚めました。冬眠箱兼産卵床の土の表面まで出てきていました。

 それは右の個体。
P3020044.jpg

 2015CBの残していた中で一番小さい個体です。ちなみに左の個体は、加温飼育中の2016CBの一番大きな個体。

 数か月見ないと、うちに何頭いるのか、いつ生まれの個体なのか、記憶が飛んでいます。個体のリストは作っていますが詳細は覚えておらず、判別のためには過去のブログ記事と撮りためた写真が頼り。特にまだスジコ・スジオの名前のついていない繁殖に加わっていない個体たちの場合がそう。


 ほかのニシキハコガメはどうなっているのやら。今年は一度も途中で状態を確認していません。まだ冬眠箱兼産卵床の表面に上がってきていないので、出てくるのはもう少し先だろうと思います。


Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)

コメント

非公開コメント

ウチもボチボチ

いつもお世話になります。ウチもアダルト組はまだ寝ていますが、ボチボチ若い個体が起き始めました。ボーっとしていますが・・・個体数が増えて他の種も産卵が上手くいくと嬉しい反面、管理が大変になりますねぇ。また忙しいシーズンが始まりますね!ブログ楽しみにしてます。

Re: ウチもボチボチ

☆ひろ☆ さん、

こちらこそ。
まだ寒い日もありますが、確実に春ですねえ。
ニシキハコ成体はまだまだ深く土に潜ったまま。
まずは無事に出てきて欲しいです。
今シーズンもお互い飼育を楽しみたいですね。