やっと砂の中に産卵してくれました

 11月に抱卵を確認していたアッサムセタカガメ、やっと産卵しました。

 画像下が今年も産卵してくれたメス。上は何年か後に期待のメス。
PC190299.jpg

 産卵直後の様子。派手に産卵床の砂をぶちまけています。これは昨年も経験して想定済み。バッサバッサ砂を飛ばすんですよね。
PC250295.jpg

 最初は水中産卵でもいいやと思っていたんですが方針転換。産卵床に昨年より気を遣ったためか、初めて砂の中に産卵してくれました
PC250296.jpg

 プラケースの縁から15cmほど下に産んでいました。プラケースの底の方。

 1個見つかるとその下から出るわ出るわ

 結局6個回収できました。昨年同時期と同じ産卵数。






 でもねえ、回収しているうちにすぐに判ったんですよ。

 また無精卵だって


PC250301.jpg


 今年のアッサムセタカ繁殖プロジェクトは失敗に終わりました


 やはりカギはノミの夫婦の交尾を成功させることですね。

 今年は工夫も加え、例年になくオスが盛っていたのですが、交尾には至っていなかったのでしょうね。自分としては仕掛けるタイミングがちょっと遅かった気がします。

 ただ、あえて良い点を言うとすれば、初めて産卵床に産卵してくれたこと、かな。

 今回の経験を一歩前進と前向きに考えることにします。

 来年12月こそは有精卵確保を!



Assam Roofed Turtle (Pangshura sylhetensis)

コメント

非公開コメント