一時は覚悟したけれど、何とか持ち直す

 ニシキハコガメ2016CBのうち、マイコレにすると豪語した個体、実はこういう個体に限って、何か問題が起きるんですよね。今までも何度かあった記憶が。

 実は・・・死にかけてました

 あんなに餌食いが良く、めきめき成長していたのに、ある時から食わなくなりました。10月半ばくらいだったでしょうか。しばらく様子を観察し、自分にできることはやっていましたが、衰弱はひどくなるばかり。忙しさもあって、やっと動物病院へと行動を起こしたのが1週間ほど経った某日。
 基本的に幼体の場合、その個体の寿命として受け入れることも多いです。しかし、今年一番の模様の個体を失うのがあまりにも惜しいこともあって、一縷(いちる)の望みをもって動物病院へ。



 診察する獣医の雰囲気にはこの個体の命に対する険しさが表れていました。口内を観察しても色が悪い。このちっぽけな個体を見て、たぶんダメだろうと思ったでしょう。私もそう思っていました。

 わずか21グラムの軽量。いつものあの注射ですが、計算で導き出したしずくほどの量の薬液を、細いとはいえ彼らからしたらぶっとい針で体内へ。



PA220043.jpg
 翌日は少し反応が良くなったような気がしました。これは注射翌日の写真。写真を撮りまくったうちの一枚。この目を引く独特の模様はあまり出てこないですし、首の周りにも珍しくやや細かな模様が見られます。生きてるうちに記録に残しておこうと。

 弱ってしまい自力で今いる場所から移動できないし、餌を自分からは食わないので、ふやかしてすりつぶした配合飼料に果汁などを少し混ぜた水状の餌を、口の中にシリンジで投与。吐き出さず飲むので助かりました。朝晩二回投与。もちろん温室で30℃管理。

 状態が上向いていたので、数日後に再注射。




 そうやって世話して、最近やっと自力で食べるようになりました。配合も自力でかじるように。
PA280144.jpg


 今回このサイズのカメでも、体内に入ったか入らないかわからないようなごく微量の注射が効きました。症状としては餌を食わずに不活発になったことだけ。他の外見上の症状はまったくなし。でも体内では何か悪さをする原因があったんでしょうね。




コメント

非公開コメント