2016とんぶり市レポート 出展者目線で

 とんぶり市に出展しました。

【前日】

 日付が変わっても終わらない準備のため、数時間しか寝られませんでした。

 飛行機で持ち運ぶために、今回は生体だけを入れた小さめの袋を準備。数が少ないので、これで事足りました。
PA010069.jpg
PA010070.jpg
 この上に厚手の布などをかけると、多少は防音になるかと。

 今回も荷物を預けるカウンターで事情を話し、X線を通さずに、目視検査のみで無事に飛行機に乗せられました。ここから検査場に事前に連絡を入れておいてもらうことが、あとあとスムーズに事を運ぶ点で大切だと私は思っています。いきなり手荷物として検査場に持って行って、X線に通さないで欲しいと言って、航空会社の許可は取ったのですかと言われたことがありますので。




 羽田に着いてからは家族とは一時的に別行動。気になる個体を見に、某ショップへまっしぐら。



 そして夜は友人のご招待で焼き肉店で会食。
PA010084.jpg
 東京の人は平気で一駅、二駅くらい歩くんですね。駅同士が近いからなのかもしれません。当初食べる予定の店が臨時休業だったこともあり、いろいろと歩き回って疲れ、地下街の水草水槽にしばし癒されました。
PA010090.jpg
 夜もずいぶん更けて、とんぶり会場近くのホテルに移動。




【とんぶり市当日】

 さあいよいよとんぶり市。会場には9時過ぎに入りました。早くから並んでおられる方々がいらっしゃいます。ありがたいですね。

 妻と共にセッティングをしながら、時には妻に任せて気になっているブースをご挨拶がてら訪問します。

 自分のブースは、展示数が少なく、非常にシンプルな芸のない展示なので、以前ほどあたふたしなくなりました。でも私にとっては接客よりも緊張し、頭がいっぱいいっぱいで混乱する時間です。しばしば声をかけられますが、間抜けな対応しかできません。本当に申し訳ないし、この時間ってあんまり好きではありません。



 値付けも済ませ、いよいよ11時開場の瞬間。今年は入り口がよく見えるブース位置でした。
PA020104.jpg

  皆さん目当てのブース目指して急ぎ足ながらも、殺気立ってはいませんでしたね。
PA020105.jpg

 我がシンプルなブース。今年は「がんばるけん、くまもとけん」という標語を掲げました。
PA020106.jpg
PA020108.jpg

 Fさんからの燻製チーズの差し入れ。どうもありがとうございました。かつて燻製について根掘り葉掘りお尋ねしたことが縁で、2年連続で自家製のものをいただきました。これがまた絶品だったこと。これから自分で作るようになるかな?
PA020112.jpg

 今年も多くの方とご挨拶・お話ができました。お客様としていらっしゃった、HBMをきっかけに親しくさせていただいているKさん、Kさん、Kさん(全員Kで始まる!)。今年は日程が合わず、販売できる数も多くなく、ご一緒できません。
 それ以外にもTさん、Bさん、Gさん、Aさん・・・・。今後ともよろしくお願いいたします。



 今回、撮影禁止のブリーダーズブースもちらほら見られました。うちはそんな表示を出していなかったのですが、写真を撮らせてくださいとおっしゃる方はまったくいらっしゃいませんでした。


 一方、私が撮影させていただいたのは、デメキンハウスさんのミナミニシキハコガメ。見事な個体たちでした。撮影したのはこれだけ。
PA020096.jpg
PA020097.jpg
PA020098.jpg
PA020099.jpg
PA020100.jpg
PA020101.jpg

 うちの種子島産二ホンイシガメの飼育を引き受けてくださった縁で、ニシキハコガメの飼育・繁殖などの情報交換もさせていただいていますが、今回やっと初めて対面がかないました。うちは夫婦で店番でしたが、親子でというのもいいですね。
 種子島産二ホンイシガメに関しては、「高校生以下半額」と表示しておられたそうです。子どもさん思いの優しい方です。カメの世界は、私もそうですが結構年齢層が高いので、若い人にすそ野を広げていくのは大切なことだと思います。
 そうそう、お分けいただいたチュウゴクセマルハコガメ、大切に飼育します。



 今年のとんぶりでは、昨年人気があった種類が売れていなかったなど、某国の動向に左右されていると思われる様子が見られました。たまたまかもしれませんが、私は外国の方を接客することも、外国語を耳にすることもありませんでした。



 持っていったニシキハコガメに関しては、イベント半ばくらいまでには完売。正確に言うと、今年初めてとれたひ孫の2系統を一頭ずつ残しての販売停止です。最後のお客様に、(ある系統の)両方とも持っていかないでください!どちらかでお願いします!と言ってしまいました。申し訳ありませんでした。
 その後も何人か訪ねていらっしゃいました。わざわざ足を運んでくださり、ありがとうございました。残念ながら今回はご期待に添えずに申し訳ありませんでした。
 今までは売れずに持ち帰ることも多々あったのですが、ここ1,2年ニシキハコガメに目を向けてくださる方が増えているように感じます。このカメに対する認知度が少しあがっているのは正直うれしくもあります。




 16時に終了。本当は横浜に二連泊する予定だったのですが、別の友人に強いて勧められ、そのお宅に泊めてもらうことに。



 渋谷で落ち合って、美味いと評判の焼き鳥屋へ連れて行ってもらいました。これはやきとり丼。
PA020120.jpg

 その後雰囲気を変え、お宅にお邪魔し、夜景を見ながらグラスを傾けました。このとき早速燻製チーズをいただきました。ワインにピッタリ。みな大絶賛でした。(Fさん、もうひとつは持って帰りましたよ)
PA020122.jpg




【翌日】 

 ついに東京を離れます。
PA030132.jpg

 空港が比較的混んでいなかったのが幸いしたのか、すんなり目視検査も通していただき、無事にカメともども一緒に飛行機に乗ることができました。

 上の棚に乗るサイズにおさめるため、この運搬方法を取ったのですが、CAさんにいろいろと配慮していただきました。荷物が棚の中で動かないよう、空いたスペースにやわらかなものを、こちらが何も要求しないのに、置いてくださいました。そんなちょっとした配慮がうれしいですね。
PA030137.jpg


 実はこの中には、新たに購入した個体が・・・。それはまた別の機会に。

コメント

非公開コメント

No title

とんぶり、お疲れ様でした。

色々あって一人でバタバタしていましたが
お話出来てよかったです。

チーズ喜んでもらえて何よりです。
チーズの燻製は下準備なしで出来るんで
やりやすいと思いますよ。つまみにも良いし。

最後に、阿蘇山の噴火のほうは大丈夫ですか?



Faberge さん、

とんぶりでお会いできてうれしかったです。
大変な中来てくださったんですね。

チーズの燻製は頬っぺたが落ちるほどの出来栄えでした。ワインとの相性がばっちりでした。
道具の調査で私の燻製道は止まってしまっていますので、ぼちぼち始動させようかと思います。



>最後に、阿蘇山の噴火のほうは大丈夫ですか?

お気遣いありがとうございます。深夜にものすごいのがあったらしいですね。
こちらは遠く離れているので、起きたことさえ知らず、風向きにより降灰は今のところありません。
阿蘇は、地震からの復興が少しずつ始まっていたのに、農畜産業の被害も新たに出て、上向いていた観光客の数もまた減るでしょうね。
大変です。


No title

お疲れ様でした。カメから井戸まで、色々お話できて嬉しかったです。casimiroさんのブースでご近所さんとも知り合うことができましたし。

うちでもPontaさん産のキボシ(♂狙い)を1匹お迎えしました。チビちゃんです。

阿蘇山の方は影響無いそうで、何よりでした。

それではまたいずれ。

Kaz さん、

HBMつながりのKさんのおひとり、Kazさん、
とんぶりの際はお声をかけてくださり、ありがとうございました。また阿蘇山に関してお気遣いありがとうございます。

まさか自分で掘れる井戸の話が出るとは思いませんでした。
地震の際にとても役に立ちましたよ。

“ご近所さん”とも三人で撮った写真がありますが、お望みならお分かちできます。


ぽんたCB、そちらにも?
お互いきれいな黄星がでますように。

なかなか関東には行けませんが、1年後に。
ぜひ