まもなく飼育21年

 20日の豪雨、初めて経験するようなひどいものでした。6人が亡くなり、甲佐町では1時間雨量が150mmに達したそうです。次から次にやって来る雷雲に、我が家の近所でもあっという間に増水し、排水が追いつかないのか、大きな道路でも冠水。今夜も未明からまた大雨の予報。どうなるんでしょ。
 大地震に続いて、梅雨の豪雨、そして今後は大型台風も来るのではないだろうかと不安になっています。

 がんばれ熊本。




 我が家の最古参のニホンイシガメ(球磨川産)。ブルーファンタジアというお店で若い個体を購入し、まもなく飼育21年になります。当時5,000円で購入した記録が残っています。
P6180004.jpg
 再びミズガメに戻るきっかけになったカメです。それだけにひと際愛着があります。

 少しいびつに育ってしまったかな。
P6180003.jpg

 6月17日(中潮)に産卵しました。

 今年のニホンイシガメの最初の産卵は5月29日(小潮)でした。どの個体が産んだのか分かりません。5月に産むのは記録上初めてでした。

 ほかの個体もお腹の中に卵があるので、もうそろそろイシガメにとっての本格的な産卵シーズンが始まる予感。当然そのなかには5月に産んだ個体もいるわけで、2クラッチ目を宿しているのがいるということです。



Japanese pond turtle (Mauremys japonica) 

コメント

非公開コメント

 こちらも 大雨で 田んぼと道路の境目が わからなくなるぐらいの場所もありました。

 21年前でニホンイシガメ5000円今も値段は変わらないぐらいですね。
 その頃だと アジア系の水棲カメは軒並み安かったと記憶してます。 近所の DIY兼金魚屋で モエギ3800円 ヒラセガメ3000円 セマル1500円ぐらいだったか、ジャノメイシガメなんかは邪魔だから差し上げるとまで言われたこともあります。 今では考えられませんね。

 我が家は昔 庭で放し飼い状態で、そこらじゅうに勝手に生んでいました。すべてを観察できていたわけではないのですが、カメ等の卵性の陸生種や淡水性の産卵と月齢はあまり関係ないと思います。

 胎生のヒト イヌ ネコ ウマの出産に何度か立ち会ったことがありますが 月齢というより、出産当日の満ち引きが 多少影響しているのかもしれないかなと。

 満潮前に陣痛が始まるパターンが多い気がします。
 
 カメは産卵する時期に 温度湿度が一致したときだと思われます、

 北アメリカ原産種や国産種の産卵を 5月から真夏を除いて9月中旬ぐらいまで、確認をしたことがあります。
 
 ベトナム産のモエギハコガメ メスの成体から持ち腹で産卵したことがありますが、10月中旬で気温がかなりおちてた時期だったので 驚いたことがあります。卵も異様にでかかったです。

 東南アジアのクワガタカブトの累代飼育をしてるときに、知人から教わったのが、北インドから中国南部にかけては、10月頃に雨季が終わり 乾季が翌5月まで、平均気温も内陸部だと結構低く 日本の気候に当てはめると4・5月 9・10月の繰り返しらしいとのことです。

カメの種によっても 好適温度がかなり違ってるのだと認識してます。

 どの種も開けたところではなく 物陰等の 真上から丸見えにならない場所をえらんでるようでした。時間帯も 早朝か夕暮れの時間帯で、昼間は 曇りの日以外は確認したことがありません。

かりん さん、

観察に基づく興味深いご意見、ありがとうございました。
卵生種に月齢はあまり関係ない。胎生種は出産当日の(一日の中での)干満の影響が多少影響するかも。卵生種のカメの場合、温度や湿度の影響が大きい、ということですね。

それにしてもいろいろと昔から飼育していらっしゃるんですね。感心します。
私の大人になってからの原点ニホンイシガメ、当時も熊本では出回っておらず、非常に珍しかったと記憶しています。5000円でも購入に勇気が要りました。でも成体なら今はその値段で買えませんよね。最近異常に高騰していますね。

今また横殴りの大雨が降っています。九州北部が今晩また降るみたいですね。お互い無事でいられますように。

No title

こんにちは~~、本当に頑張れ熊本ですね。応援しかできませんが・・・(汗)それにしても21年とは凄い!!!しかも綺麗!!人生の伴侶的存在ですね。ウチでも長いのは10数年ですので、頭が下がります(*´ω`)

ありんこくらぶ さん、

こんにちは。お気遣いありがとうございます。
元気にしています。

21年、本当にヒトの伴侶とカメの“伴侶”が同じくらいですよ。
これからもどちらも大切にします。