2クラッチ目に入りました

  昨日6月21日は、夏至だったようです。昼間の時間が最も長いと言われていますが、雨ばっかりで実感できません。毎年そうやって過ぎていくことの多い気がする夏至なのですが、これから段々短くなることを考えると、ちょっと寂しさを感じてしまいます。このあたりでは産卵シーズンももう折り返したあたりになるでしょうかね。


 個体によっては2クラッチ目の産卵が始まっています。
P6190019.jpg

 今回ニシキは抱卵数が多くなかったので、もう産むの?という感じでした。でもちょうど1か月間隔をあけていますね。18日産卵(中潮)

P6210011.jpg

 キボシイシガメに至っては抱卵しているのさえ気づいておらず、あれ?(突然)穴掘りしてる!という感じでした。夏至の日である21日産卵(大潮)。

 チュウゴクセマルもそろそろかと感じ。産卵床に移動させて、いつ産んでもいいようにしています。

 

コメント

非公開コメント