カメウォッチング - 太宰府天満宮編 -

 5月末に、福岡県の太宰府に行ってきました。

 菅原道真が祭られている太宰府天満宮が有名です。道真を慕い、京より一夜にして飛んできたという飛梅伝説があったり、梅ヶ枝餅がどこででも売られていたり。

 訪れた時は、菖蒲池がそろそろ見頃を迎えるという頃だったでしょうか。周囲の食堂の窓際で食事でもしたら、さぞ良い眺めだったでしょう。
P5310005_20160605001028078.jpg

 天満宮の池にもカメがいるでしょうか?


 やはりいますね。ミシシッピアカミミガメ。
P5310012.jpg

 小型の個体も。繁殖しているのか?捨てられたのか?
P5310013_20160605001033955.jpg

 スッポン発見。
P5310014.jpg

P5310025.jpg

 観光客が鯉に餌をやるので、数匹のアカミミが集まっていました。
P5310017a.jpg
 この日の昼前までは中国語があちこちで飛び交い、午後からは修学旅行生が多かった気がします。

 手前左は3本のキールがあるから、クサガメか。
P5310015.jpg

 菖蒲池のアカミミは、至近距離で甲羅干し。柵があるから守られていると思っているのか、逃げる気配まったく無し。
P5310021.jpg
P5310024.jpg

 小さなエビも見えます。
P5310023.jpg



 今日の本当の目的はここ、九州国立博物館。
P5310008.jpg

 「始皇帝と大兵馬俑」展でした。
P5310009_20160605001030534.jpg

コメント

非公開コメント