いつも思う、初産卵の不思議

 6月1日、我が家のニシキハコガメの孫世代(2011CB)がついに産卵しました。

P6020002.jpg

 やはりこの個体も、産卵床の底に近いところに産んでいました。4個の卵の右側・白い部分は、産卵床に用いている90cm水槽の底です。どこに産んだか分からないようにしていたのは初産としてはできすぎ。探すのに非常に苦労しました。


 以前も書いたと思うんですが、ニシキハコの初産に出くわすといつも不思議に思うことがあります。それは、親に教えられていないのに、どうしてこの個体は産卵の一連の工程をできるのだろうか、ということ。親と同じ方法でわざわざ深い穴を掘り、ただ掘っただけでなく底の方にわざわざ卵を置く特別の部屋を作り、産卵した後は発見されにくいように土をきれいに埋め戻す一連の工程。

 カメに潜るように指示を出し、底に達したら卵の部屋を作るために足を動かすよう指示を出し、ちょうどできたタイミングで卵を産むよう指示を出し、産んだら土をかけるよう指示を出し、そのまま地表まで埋め戻しながら上昇するよう指示を出し、産卵場所を平らにして目立たなくするよう指示を出すもの。本能、前もって生物それぞれにプログラムされたもの、DNA由来ですよね。その複雑さに驚きの念を感じます。

 命を受け継ぐって周囲で日常的に起きているので、普段は当たり前としか感じません。しかし、この一連の産卵行動だけとっても、人間が同じようなことを機械で再現させるとなると相当大変でしょう。しかも、親からの教育など期待できないのに、親から受け継いだ、肉眼で見えないほどの小さな細胞の中に入った遺伝情報だけで、一連の産卵の動作を親と同じように忠実に再現する。ほかのカメとちょっと産み方の違うニシキハコの初産のとき、私はいたく驚嘆します。





 これで、いつもの約束事を果たす状況が整いました。そう、命名です! スジコI(アイ)



6/3追記

P6030005.jpg

 4個中3個白濁。左下のはちと弱々しいが、初産にしてはなかなかいいのでは。
 あっ、初産だと発生しても孵らないことも多いので、喜ぶのはまだ早い。ここまで順調というだけ。



6/4追記

 ♀設定のインキュベーターに入れた4個のうち、3個は白濁しました。1個は無精卵のようです。

 
Ornate Box Turtle (Terrapene ornata)  

コメント

非公開コメント

  土中に完全に潜って産卵する姿は、カブトムシみたいな 生態ですね。他種の アメリカハコガメにはない 独特な行動だと思います。

かりん さん、

なるほど、カブトムシですね(笑)。
冬場の産卵を試みていた時は、深い土を準備できなかったので、それに合わせて産んでくれていました。
1メートルくらいの深さの土が準備できるとしたら、何センチ位まで潜って産むのかやってみたい気はしますね。