例年通りのキボシ産卵

 三連投です。今日はすべてがフリーだったので余裕があります。


 昨晩も産卵行動を見せ、遅くまで掘り掘りしていましたが、結局産みませんでした。今晩も連夜の産卵行動。昨日の今日なので、あとでゆっくり観察できるという余裕から、ブログ記事を書き終えたあと見に行くと、もう埋戻しの最終部分でした。終わるのが早すぎる。
P5260001.jpg

 では、私も早く行動させていただきます。埋戻し中にちょっと移動してもらって、埋め戻したばかりの卵を回収。
P5260004.jpg
 その後、もとに位置に戻して、埋戻し再開。本能のまま、気が済むまま。


 このメスはオスに気に入られており、毎年有精卵を産みます。一方、もう一頭のメスはオスにまったく相手にされず、毎年無精卵ばかり。このクラッチは今年も発生するだろうと期待して、2つのクールインキュベーターで、雌雄の産み分けに挑戦してみます。


Spotted Turtle (Clemmys guttata)

コメント

非公開コメント

 北米原産種の 産卵ラッシュのようですね。

 キボシは 知人の海外旅行中の一時預かりぐらいで 飼育経験が無いのですが、機会があれば 飼育してみたいと思いつつ 早30年以上も時が過ぎてました。
 
 大きくなっても ニホンイシガメのオスサイズぐらいなので、ペットとして最適ですね。

 なにより 通年 屋外飼育可は魅力的です。

かりん さん、

ホントだ、北米原産種多いですね。

キボシはペットとして最高のカメのひとつだと思います。オススメです。
今後も人気は衰えないでしょう。繁殖も難しくないので、幼体の供給は安定しているでしょう。
秋のイベント行くと、それこそたくさんベビーがいますよ。

でも、癖がある個体がいたり、大きくなって事故死したりがあって、経験上なかなか成体が充実しないんですよね。
うちもコロニー充実のため、昨年は販売をしませんでした。